産休明け仕事復帰する人に必ずオススメするものはコレ。


働いていて一番困るのが、子どもの病気での急な休みですよね。

保育園行事なんかは事前に分かってるから、仕事を調整することもできますが、
病気ばっかりは急になるものだし、何日も休むことになったり、結構なストレスです。

ずっと健康でいてくれるのが一番ですが、病気しないで大人になる子どもはいないから仕方ないですよね。特に仕事復帰して1年くらいは初めての集団生活で、色々もらってきます。

復帰したばかりなのに、いきなり連休とか避けたいところですが、「ここだけは病気にならないで~」という時期に病気をもらってくることも多いですよね。

病気をもらってくることは仕方ないから、できるだけ悪化させずに、早期に回復してほしいところです。

ということで、持っている方も多いと思いますが、電動鼻水吸引器がオススメです。

実際周りの人にもオススメすることが多いので、すでに10台近くは売上に貢献してかと。
でも、電動鼻水吸引器メーカーの回し者ではありません。

二人目の復帰のときに購入したんですが、これは相当使えます。

一人目の時から使っておけば良かった、とつくづく思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大

オススメな理由

購入前は風邪を引くとお迎えの後、小児科に直行して鼻吸いしてもらっていました。
お迎えの後に病院ってもう時間的に本当にキツイんですよね。

しかも、2人連れ3人連れになると時間もかかるし、だんだんグズグズになるし。

ということで、小児科の先生にこちらの購入を相談したところ、
「病院で吸うのと効果は同じだと思いますよ。家だと頻繁に吸えるし、寝る前に吸うと夜中の咳も出にくくなります。」と言われ、さっそく購入。

確かに全然違うんです。
特に次女は咳が出やすいので、違いが歴然でした。

病院で吸ってもらっても、家に帰ってお風呂に入るとまたタラ~っと鼻水出てきますよね。
そこで寝る前にこれで吸い取るとぐっすり眠れるからか、咳が出ないからか、
悪化しなくなりました。

風邪の鼻水から咳になって、咳がひどくなって喘息?、という流れだった次女ですが、
電動にしてからはその流れがほとんどなくなりました。

手動の鼻吸いだと吸いきれないところまで、きれいに取ってくれます。

長女のときは手動の鼻吸いの威力に不満で、直に吸った時期もありますが、
直に吸うとかなりの高確率で自分にうつって、結局仕事を休むことになります。

電動鼻水吸引器がオススメな理由は、

  • 威力があり、奥まで吸ってくれる。
  • 病院に毎日連れていく手間が省ける。
  • 頻繁に吸える。
  • 使いやすく、手入れしやすい。

特に、「あれ?鼻水出てきたかな?」くらいの初期段階で、きっちり吸っておくと
悪化せずに済みます。

ちょろっと鼻水出たくらいだと、なかなか病院まで連れて行こうという気になりませんが、
そこを放置すると結局悪化して発熱やひどい咳で仕事を休むことになる確率が高いです。

やっぱり何事も初動は大切なんですよね。

注意点

メリットばかりの電動鼻水吸引器ですが、子どもはとっても嫌がります。

最初はあまりの抵抗でかわいそうで奥まで吸うのが難しいです。

そして、あまり嫌がるのを無理やり吸うと、トラウマになって2歳くらいから吸わせてくれなくなったりすることがあります。

わが家でも、慎重派の長女が「断固拒否」の時期がありました。
その時期は、何でも自分でやりたがりの次女を使って、「ほら、面白いみたいだよ」など
興味を持たせてなんとか長女の鼻吸いをしていました。

自分で鼻がかめるようになるまでしか使わないグッズですが、それでもこの電動鼻水吸引器は買ってよかったと一番思っているグッズです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です