室井滋さんの財布はビニール袋でした。最終形を見つけた気がする。


たまたま見たNHKの番組で、室井滋さんが買い物をする場面があり、
その時に室井さんが取りだした財布はビニール袋(ポリ)でした。

ビニール袋にお金が入れてありました。

それを見て、とらわれてなくて自由でステキだなと思いました。

よく考えたら、財布ってお金を入れるだけのモノだから、お金が入れられたら
それで十分なんですよね。

そういう意味ではビニール袋も財布としての用途を十分満たしています。

しかも透明だから、中身が一目瞭然で分かるというオプション付き。

壊れたら(破れたら?)すぐに新しいモノが手に入るから、意外と便利かもしれません。

「そろそろ財布が古くなったから取り換えないとみすぼらしいかな、○万円位かな。」
なんてことも考えなくていいんですよね。

もともと財布にこだわりがないから余計なのかもしれませんが、買い換える作業が
面倒だったので、それが無くなるのはとても良いなと思います。

ただ、室井滋さんはテレビに出てるような人だから、それなりに収入のある方だけど、
普通の人がビニール袋からお金出してたら、「大丈夫かな、この人?」と思われる可能性が
高くて、そこをクリアできるかどうかが実際にやるかやらないかの分かれ目ですよね。

実際にやらなかったとしても、「財布はお金を入れるだけのモノ」というくらいの気持ちで
いられたら、「財布は何色じゃないと。」「財布は○○というブランドじゃないと。」などに
とらわれずに済みそうです。

歳を取るとどんどん自分のやり方、自分のこだわりというものが出てきますが、
なんでも、とらわれずに過ごせることは、一番の自由だと思います。

室井滋さんのようなとらわれない人になりたいです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です