【住宅ローン】3万6千円返金してもらうのに、手数料1万円…。

Pocket

毎月の返済額を1万円増額したら、返済期間が7年間短縮されたと、

先日記事にしました。

【住宅ローン】毎月の返済額を1万円増やしたら、返済期間が7年も短縮!!

そのときに、「短縮された分の保証金が保証会社から返金されると思います。」

と言われて、臨時収入を楽しみにしていたんです。

忘れかけた頃、はがきが一枚届きました。

戻し保証料36,863円。

「お!?意外と帰ってくるものなのね、3万6千円ってうれしいわ~♪」

と思ったら、隣に、

事務取り扱い手数料10,800円!!!!!!

驚愕ですよ、ほんとに。

さらっと手数料で10,800円も取るって、どんな企業だ!!

と、はがきを凝視したら、「みずほ信用保証株式会社」って。

グループ会社かいっ!!

3割も手数料取られるとは・・・。

これ、戻し保証料が3万6千円あったからいいものの、

10,800円切ってたら、逆に支払いだったのでしょうか・・・。

まぁ、保証料はローンを組むときに、一括で払ってしまったお金だから、

気持ち的には無いものと思っているところもありますが、これって、

繰上返済すればするほど、手数料を取られるってことですよね。

住宅ローン減税が終わったら、こまめに返済しようと思っていただけに、

なんだか出鼻をくじかれた感じがします。

こまめに繰上返済して目先の金利を節約するか、

ある程度まとめて1回で繰上返済して、手数料を節約するか、

どっちがいいのか分からなくなってきました。

みずほ銀行のHPを見ると、テレホンバンキングのところにだけ、

手数料10,800円かかる旨が記載されていました。

ネットバンキングなら、もしかしたら、かからないのかもしれません。

このナゾは、住宅ローン控除の終わる5年後まで、ナゾのままになりそうです。

(来年1月に私名義のローンは繰上返済しますが、ダンナサンは1%以下の

変動で借りているため、住宅ローン減税が終わるまでは繰り上げません。)

それにしても、払ったお金を戻してもらうだけで、10,800円も取られるとは、

世の中の仕組みを、身をもって勉強することができました。

26,000円も戻ってきたんだから、いいじゃない、と思うものの、

「10,800円あったら、スシローじゃない、お寿司屋さんに家族で行けるのになぁ〜」

という気持ちも拭えずにいます。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です