幼児にデジタル機器を使わせますか?わが家は15歳まで制限します。

Pocket

現在は子どもにスマホやタブレットをできるだけ使わせないようにしています。

以前は、あまり気にせずに使わせていました。

長女は与えられたら見るけど、自分から使いたいとか勝手に使うという
行動が無かったため、何も考えずに過ごしていたこともあります。

スポンサーリンク
レクタングル大

最近、3歳になった次女が勝手にタブレットで動画ばかり見ていて、
これじゃテレビ無し生活の意味がないよね、ということで
改めて考えるようになりました。

もともとは、今の子どもはネットやデジタル機器が主流の時代を生きるから、
小さい頃から使わせても問題ないんじゃないか、と考えていました。

でも、子どもって興味のあることは覚えるから、小さいころから
親しんでいなくても興味を持てば、すぐに使えるようになるんですよね。

それなら、デメリットの方が大きいので制限することにしました。

そう思うようになったのは、この記事を読んだ影響もあります。

『スティーブ・ジョブズは子どもに対してはローテクの親だった』

ジョブズをはじめテクノロジーの最先端の人たちが、自分の子ども達に
それを使わせない、もしくは、時間を制限している、というのは、
やはり、子どもに使わせるにはメリット以上に危険性があるもの、
ということではないでしょうか。

たしかに、記事の後半にあるように、幼少期に制限されすぎて、
大人になって反動が出る可能性はあると思います。

私自身も子どもの頃、「コーラは骨を溶かすから飲んじゃダメ」と
育てられたため、成人してすぐにコーラばかり飲んでいる時期がありました。
今でもコーラが好きです。

どういう運用をしていくかは、その時々で変わっていくと思いますが、
今のところ考えているのは、保育園時代はできる限り使用を制限し、
小学生は宿題等で使う程度、中学生は時間を決めてリビングで使用、
という感じにしたいです。

ただ、小学生になるとそれぞれの興味分野が分かれてきて、
システムに興味を持ったりしたら変わるかもしれません。

今はSNSができないと仲間に入れないということもあるかもしれません。
でも、「うちは親がそういう方針だから」と断る勇気も身につけて欲しい
と思っています。

スマホやタブレットがあると、子どもが静かにしていてくれるから、
親としてはほっとできる瞬間なんですよね。

スマホ育児と揶揄されても、電車内で騒ぐくらいなら、スマホ見せて
静かになれる方が、周りの人も親も子もストレス無く過ごせますし。

テレビと同じようにデジタル機器自体がダメなのではなく、デジタル機器の
中毒性が子どもにとって良くないと考えているので、家に居る時間くらいは
親が制限をして、中毒にならないようにしてあげたいと思います。

たぶん、こういう考え方になったのは、自分がテレビ育児で育てられ、
テレビ中毒気味に子ども時代を過ごしていたと感じていて、自分の
子ども達には同じ様になって欲しくない、という気持ちが強いせいかもしれません。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です