小さい子どもや動物がいる家庭にオススメの畳。和紙でできてます。


今の家に越して来て4年ちょっと。

畳の消耗度がひどすぎて、座るたびに細かいくずが付くようになりました。

たま~にですが、猫が爪を研いだり、子供達がオモチャを引きずったり、

畳にとっては、過酷な環境のわが家。

さすがに見た目もひどいし、クズが付くたびにコロコロするのも大変なので、

畳を交換することにしました。

スポンサーリンク
レクタングル大

わが家の畳は薄い

この家に来て初めて知ったのですが、最近は薄い畳が増えているみたいですね。

和室をフローリングにも変更できるようになっているためだそうです。

普通の畳は、基本的に5.5cmの厚さですが、わが家の畳は、1.5cm程度の

厚さしかありません。

薄い畳も表替できる??

畳を新しくする方法として、畳自体を交換する方法と、表のイグサと縁だけを

交換する表替の2種類があります。

料金的には、表替えの方が安いです(中心部分はそのまま使えるため)。

ただ、薄い畳でも表替ができるのか分からず、「畳を交換しよう!」と思ってから、

半年ほどかかりました。

表替をしてくれる畳屋さんに来て頂きました。

表替できるかどうかは、中心部分の状態がいいかどうかによるようで、

「今の畳の状態なら大丈夫ですが、次は全部交換する必要があります。」と言われました。

最初は、一般的なイ草の畳にしようと思ったんですが、畳屋さんから

「お子さんも小さいし、猫も居るから、和紙でできた畳はどうですか?」

とすすめられたのが、和紙でつくられた畳。

和紙でできた畳のメリット

主なメリットは、

・ イ草より水分をはじくから、飲み物をこぼしてもすぐに拭けば大丈夫。
・ 途中で切れても、クズが出ない。
・ イ草より丈夫。

の3点だと感じました。

この3点、子供が小さくて、猫が居る我が家にとっては、かなりのメリット。

値段的には、一般的な畳より3割増しで、イ草の香りがしないのは、

ちょっと残念ではありますが、実用面を考えて選択しました。

この和紙の畳がどれくらいの耐久性があるのかは、使ってみないと分かりませんが、

触った感じ、イ草の畳みよりしっかりしていて、丈夫そう。

見た目も、イ草の畳より、1本1本が太めで、若干ツルツルしている感じです。

撥水性が期待できそうな手触り。

実際、子供が嘔吐したときは、この畳でしたが、すぐに拭き取ったらシミにもならないほど、

撥水していました!!

猫も爪が引っかかりにくいのか、今のところ爪とぎすることもなく、

1月近く経ってもきれいなままです。ありがたい!

工賃込みで、6畳で6万円ちょっとでした。

ふすまの張替えもしているということで、3姉妹画伯が書いた壁画もきれいにしよう

と思ったら、ダンナサンが「記念なんだから、このままが良い!」と言うので、

今回は延期。

どんな記念か全く理解できませんが、たまには尊重しないとね・・・。

予想外の嬉しいメリット

畳がきれいになったからか、子供達がオモチャを散らかすことが少なくなったのは、

予想外の効果でした。

やっぱり人間は本質的に、「キレイなところはキレイをキープしたい」という気持ちが

あるんでしょうか?それとも、キレイだから、散らかってるのが目に付くから??

理由は分かりませんが、お片づけに一定の効果が見られました。

ということで、お子さんが小さかったり、ペットが居るお宅は、和紙の畳という

選択肢もありだと思います。

でも、い草の香りが好きなので、次に畳替えするときは、子どもたちも大きくなっているし、

普通の畳にしようかなぁ。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です