私が見てないと孫を叩く実母。どう説明したら分かって貰えるのか。

Pocket

以前にも書きましたが、私は叩かれて育ってきたため、つい数年前までは
「言って分からなければ叩かれても仕方ない」という価値観でした。

親に叩かれて育った私と叩かれたことのない夫。わが家のしつけは?
私は「口で言って分からないなら叩かれて当然」という教育方針で育てられました。 だから、高校生のときに同級生が「親に叩かれたことなんて無...

それが当たり前だったから、そのことに疑問を持たなかったというか、
親に叩かれない子どもが存在するってことすら疑うほどでした。

スポンサーリンク
レクタングル大

しかし、今はそうは思いません。

叩いたら即効性はあるかも知れませんが、それは根本的なしつけには
なりえないと思っています。

「叩かれるから言うこと聞く。」のはしつけじゃなくて、恐怖心で
行動をコントロールしているだけ。なぜそれがいけないことなのか、
子どもは理解できていないはず。

叩いたら一瞬で止めるかもしれない。でも、それは「叩かれるから
止める」という思考回路を作り上げているだけです。

もちろん、口で言ってもすぐには理解できないから、何度も同じことを
するし、何度もしかることになります。

何度もやって、何度もしかる、伝え方を変えても、またやらかす。
「何度言わせるの!」という気持ちで一杯になります。

でも、それでいいんじゃないかと思います。

「何度言っても分からない」とグチも出ますが、グチりつつも、
それを続けるしかないですよね。

きっと親も本人も気がつかないくらい少しずつ変わっているはずだから。

急に変えさせようと思うから、恐怖でコントロールするしかなくなるわけで、
少しずつ何度も何度も繰り返して、気づいてもらうしかないんですよね。

大人だって、人に言われたくらいじゃ変わらないし、自分で気がついて
「ああ、そういうことか」と腑に落ちたときに初めて変われるわけで。

そういう意味で、私に何度も何度も「子どもを叩くのは間違っている」
と言い続けてくれたダンナサンには感謝しています。

それでもまだ、叩いてしまいそうな気持ちになるときもあります。

そんなときは一呼吸置いて、「叩かなくてもちゃんと育つ子どもは
たくさんいる。」ということを思い出すようにしています。

そんな叩かない育児をしているわが家は実母から見ると「甘やかしている」
と見えるようです。そのためなのか、親が居ないところで次女がやらかした
時に叩いたりするんですよね。

次女もしっかり状況が話せるようになっているから、「おばあちゃんに
叩かれたの」と報告してくれます。

日ごろ「(叩くことを含め)他人も自分も傷つけることはダメ」
と教えているため、そういう場合に、説明が難しくて苦慮しています。

子どもを叩くということは、「最終的には暴力で物事を自分の思い通り
にしようとすることはOK」と子どもに教えているようなものだと
実母にも理解して欲しくて、折りにふれ話してはいますが、そう簡単には
いかないものですね。

叩くことは短期的には効果があるように見えても、長期的に考えると
人格形成時期に叩くことは悪影響を及ぼすと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です