「ついでにヨーグルト」と頼んだら3種類買ってきた。貯まらない人。

Pocket

うちのダンナサンのことです。

ヨーグルトを家で増殖させている話は前に書きましたが、そのタネ菌にしている
ヨーグルトが無かったので、ダンナサンの買い物ついでに買ってきてもらいました。

うちのコスパNo.1家電はヨーグルティア。R-1を1L作って200円。
いよいよインフルエンザの時期が近づいてきました。 インフルエンザに掛からずに過ごせるかどうかは、共働きにとって死活問題です。 解熱後5日間...
スポンサーリンク
レクタングル大

「いつも買ってる赤いR-1だよね?」と確認までして出かけていったのに、
なぜか帰ってきたら、『R-1・500mlの恵ヨーグルト・3連になってるヨーグルト』の
3種類が冷蔵庫に入っていました。

「???」

私はその3種類のヨーグルトを見て、
「何を買っていいか分からなくなった?いや、電話もこなかったし…。」
「本人が食べたくなった?いや、家で大量に作ってるし…。」
と3種類買った理由がまったく想像できませんでした。

結局本人に聞いたところ、「なんとなく使うかと思って。」とのこと。

いやいや、R-1をタネ菌にして1Lに増やしたりしているのに、
ヨーグルト3種類も使い分けたりしないです。

私は使わない旨を伝えて、しばらく様子を見てましたが、一向に食べる気配無し。

3連のモノは子供達に食べさせたんですけど、500mlのモノは蓋も開けられずに
冷蔵庫に鎮座しています。

賞味期限切れる前に私が消費するしかないようです。

この行動をみて、やっぱりダンナサンはお金を貯められない人だと再認識。

以前は、マックのセットでも頼んだ分の3倍は買って来るタイプだったので
それから考えたら、かなり改善されているんですけどね。

「多すぎると食べられなくてムダになる」というよりも
「少ないよりは多い方がいい」という考え方が基本にあるようです。

電気、水道、ガスなんかも節約するという感覚はほとんどなく、
「あるものを使わないのは、もったいない」くらいに思っているようで、
バンバン使っています。

で、貯められない人と一緒に暮らすということは、お互いの価値観をすり合わせ、
少しずつ金銭感覚を身につけてもらって、身の丈にあった生活をしつつ、
結局は、私が家計管理をするしかないんだろう、と改めて思いました。

夫婦で協力して家計管理している方のブログなんかを拝見すると、
羨ましく思うこともあります。

やっぱり相談できる相手がいるって心強いですし。自分一人でできることは
あまり無いから、意識を共有して家計管理できるのは、本当に羨ましいです。

家に相談する相手はいませんが、このブログに書くことで少し変化がありました。
他の人のやり方を取り入れてみたり、考え方を改めてみたり、真剣に家計のことを
考えてみようという気持ちが強くなってきました。

家族が増え、生活費や将来にかかる学費も増えた中で、家計管理を一人ですることの
不安も感じますが、このブログを通して自分の家計管理を客観的に見られるように
なりたいと思っています。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です