ダンナサンの転職で、夏休みが前倒しに。子供の体験重視で、チケットを手配。


ダンナサンの転職が決まって、8月からは新しい会社です。

ダンナサンの転職活動の進捗。2社目、役員面接の結果。

あまり残っていない有給を、今月末に消化するそうで。

新しい会社の休みは、まだ分からないため、実質的に予定が入れられるのは、

今月末の有休消化中だけ。

ということで、色々と計画を立てていますが、習い事のサマースクールと、

義理の弟の結婚式が入ったりで、実質1週間も無いくらい。

しかも、学生さんの夏休みとかぶってるから、平日といっても、結構混雑してそうです。

半分は、検診やら、フッ素やら、予防接種やら、耳掃除やら、とメンテナンスで埋まり、

残りの半分で体験しようと思っているものがいくつかあります。

まず、初めてのプログラミング!

これからは、プログラミングと英語ができれば、過去の実績とかコネが無くても、

ある程度、やりたいことを実現させられるんじゃないかなぁ、と思っています。

文部科学省が2020年から小学校での「プログラミング教育の必修化」を検討する

と発表したくらいなので、「プログラミングできない?終わってるね。」くらいの

時代が繰るんじゃないかなぁ。

10年後英語ができない人は、今のパソコンができない人と同じ?

私自身が今、プログラミングを勉強したいという気持ちが強い、

ってことも大きく影響していますが、小学生になったら、

プログラミング教室とか通わせたいなぁと思っています。

その導入として、今回は、Qremoサマーラボを申し込みました。

申し込んだ講座は、『はじめてのプログラミングとアニメーションづくり』。

年中・年長さんにオススメ!タブレット操作などで簡単につかえるヴィジュアルプログラミング言語のViscuit(ビスケット)を使い、自分で描いた絵を動かしたり、アニメーションをつくったりします。コンピューターを使ったものづくりを気軽に楽しもう!
[初心者OK]対象:年中、年長、小学生(1年生~3年生)
価格:5,400円(税込)

というもの。年中さんからでしたが、問い合わせたら、

年少さんでも日本語でのコミュニケーションが出来て、内容を理解できると

親が判断できれば、受け入れていただけるとのことで、姉妹で申し込みました。

次女は、こういうの大好きだから、長女よりもはまってくれるんじゃないかと。

わが家は子供達にタブレットを使わせていません。

幼児にデジタル機器を使わせますか?わが家は15歳まで制限します。

それは、TVと同様、時間泥棒に幼少期の貴重な時間を、奪われて欲しくないから。

でも、TVとデジタル機器が違うところは、能動的に使うことが出来るということ。

TVは、受動的な娯楽でしかないと思っていますが、PCやタブレットは、

プログラミングを通して、能動的に生産する喜びを味わえるんじゃないかなと。

消費する娯楽もとっても楽しいし、それをすべて否定するつもりはありませんが、

やっぱり消費活動より、生産活動の方が、より深い喜びが味わえると思うんですよね。

快楽的な楽しさではない、楽しさというか。

何かを作り出すって、苦しみを伴うけれども、楽(らく)ではない、

楽しさがある気がしていて、そういう楽しさを知ってほしいです。

ということで、2人がこのラボに参加することを一番楽しみにしているのは、私自身です。

小学生になるまでは、定期的にプログラミングのイベントに参加する予定。

初めの一歩として、「プログラミングって面白いな~」という感覚を得てきて欲しいなと。

そして、もう一つチケットを手配したのは、「からだのひみつ大冒険DX」。

保育園からチラシを貰ってきて、長女も次女も興味津々だったので、

前売り券を取ってみました。

やっぱり子供って、「おなら」とか「うんち」とか大好きですよね。

子供の興味をそそるようなものがたくさんあって、面白そうです。

適度に体も動かせるアトラクションもあるし、純粋に楽しんできて欲しいなぁと思います。

そして、もう一つ迷っているのが、「魔法の美術館 光と影のイリュージョン」。

去年、姉に誘われたんですが、遠かったのと三女がまだ小さかったので断念。

今年は都心で開催されるということで、気になっています。

でも、もう前売り券は買えないし、うちの3姉妹にはまだ少し早いかなぁと悩み中です。

ダンナサンが新しい職場になったら、落ち着くまでは、あまり出かけられなさそうなので、

今月はたくさん楽しんでもらおうと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です