陣痛促進剤は普通分娩よりかなり痛い!という個人的感想。

Pocket

上の2人は普通分娩、三女は陣痛促進剤を使用した計画出産でした。

上の2人とも1週間以上遅れて生まれてきたため、三女も待っていればそのうち
生まれるだろうと楽観視していたんですが、三女だけ違う病院だったため、
「予定日を数日過ぎたら計画的に出します。」と言われてしまいました。

案の定、予定日を過ぎても一向に生まれる気配がなく、先生から「危険が
増えるからなるべく早めに!」と言われ、予定日を3日過ぎたところで、
計画出産となりました。

計画出産だと予定が立てやすく、保育園に預けてから産めるし、いいこと
づくめだな、なんて甘い考えでいました。

なぜなら、次女のときは、「経産婦ってすごい!」と驚くほど痛く無かったから
です。
「これ本当に陣痛?」くらいに痛くなくて、4000g超えた赤ちゃんでしたが、
「これなら何人でも産めそう。」と出産直後に思えたほどでした。

それもあって、せっかくだから子ども達に出産に立ち合ってもらって、
出産の良さを少しでも感じてもらえたらいいなぁと思い、長女だけ
立ち合わせることになりました。

で、実際はどうだったかというと、陣痛促進剤で産んだ三女の出産は、
気がふれるかと思うほど痛かったです。

予想していた陣痛とは比べ物にならないくらい痛くて、完全に取り乱しました。
取り乱しすぎて、長女は傍らで「母さんイタイイタイって~、アハハハハ~!」
と大ウケ。

「痛いの?」「どれくらい痛いの?」と陣痛の波にかかわらず、問いかけてくる
長女に「今は母さんに話しかけないで~!!」と言うのが精一杯。

なんであんなに促進剤って痛いのか、正確なところはわかりませんが、
やっぱり自然分娩だとアドレナリンとかも大量に出てるから、同じ痛みでも、
痛いって感じないんでしょうかね。

でも、促進剤は、気持ちも体も全然準備万端じゃないのに、薬で強制的に
出産させられるから、「ちょっ、ちょっ、ちょっと待って~!!」という
状態になるのかもしれません。

自然分娩のときは、波が来てもその波に体がちゃんと乗れてる感じでしたが、
促進剤のときは、他人の波に乗っているような全然波がつかめない感じでした。

でも、産後はやっぱり経産婦。その日から座れるし、動けるし、出産の痛さと
産後の回復は別のようです。

私だけかもしれませんが、出産の瞬間のあの「全部出た」感ってなんとも
いえないスッキリ感ですよね。あれをもう一度体験したいという気持ちもありま
すが、
促進剤だけはもう二度とやりたくないです。

(おまけ)

出産に立ち合ってくれた長女。あれから10ヶ月経った今は、
「子ども産みたくない」「痛いから」と言っています。完全逆効果でした。

我ながら説得力無さ過ぎるんですが、一応「そんなに痛くないよ~」とか
言ってみてます。まったく信じてもらえません。

早く長女が出産のことを忘れてくれる日が来て欲しいです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です