長女が小1になったときの6時間勤務を真剣に考える。家計への影響は?


先日、この記事を書いてから、割と真剣に6時間勤務を考えています。

小1の壁が見えてきた!小学生を持つ親こそ時短勤務が必要なのでは?
長女が後1年半で小学校に上がります。 小1の壁がわが家にも着々と近づいてきています。 小1になったら6時間勤務がいいのかな、と思うこ...

6時間勤務にしたときに、仕事面での心配もありますが、家計への影響も
大きいですよね。漠然と毎月5万円くらいの減収になると思っていましたが、
試算したら違いました。

スポンサーリンク
レクタングル大

6時間勤務した場合の減収額

試算といいつつざっくりですが、今は1時間当たり2,000円近い金額が減額されて
います。
保守的に1時間2,000円として計算すると、20日勤務で35時間の時短になります。

2,000円×35時間=70,000円

毎月7万円の減収は堪えますね。毎月7万円って家賃並みです。
年間84万円。時短分ボーナスも減額されるので、年収で100万円くらい下がるかも。

う~ん。

数字で見ると結構な金額ですね。

毎月7万円減収をどうするか?

でも、別の言い方をすれば、家計へ影響する7万円を何かで埋められれば、
金銭面での問題は解決です。

埋めるためには、「支出を減らす」か「収入を増やす」しかないですよね。

支出を減らす

まずは最近、注力している「支出を減らすこと」を考えてみました。

過去の家計簿と今月の家計簿を見比べてみると、

食費8万円⇒5万円    △3万円
日用品1万円⇒0.5万円  △0.5万円
変動費5.5万円⇒4万円  △1.5万円

と既に、5万円削減できています。
上の子が小学生になる頃までには削減できそうな費用が他にもあります。

スマホ代0.75万円⇒0.45万円 △0.3万円
シルバー人材 0.9万円⇒0円 △0.9万円

ここまでで6.2万円の削減。

最後は住宅ローンを一部繰上返済しようと思います。
返済額軽減でシュミレーションしたところ、
住宅ローン 9.7万円⇒8.7万円 △1.0万円

トータル7.2万円。

「支出を減らす」だけで7万円の減額分を埋められるとすれば、
6時間勤務のハードルが下がった気がします。

収入を増やす

これは、主には昇給でしょうか。夫婦で昇給すれば、少しずつでも収入は増えそうです。
そのためにも、勉強したり資格を取ったり、何か行動が必要ですよね。

子育てで一杯一杯で中断していた勉強を夫婦共に再開予定です。
ダンナサンはもう始めているようですが、私は卒乳までは慌てずに、と思っています。

6時間勤務は実現可能

金銭面からの結論は、「6時間勤務は可能」です。

「少々のマイナスになっても数年のことだから、一緒にいられる時間をたくさん取ろう。」
とは思っていたものの、実際に減収しても、今までと同様に生活できるのであれば、
それに越したことはないですよね。

今の会社に居続けるかどうかは別として、仕事は一生続けていきたいと思っているので、
辞めるという選択肢はないです。

だけど、中学生になったら「親より友達が一番!」になってしまうと思うと、
最後の「親が一番!」の時期を一緒にいられたらいいなぁ、という気持ちが日に日に
強くなっています。

そんな私の落としどころとしては、やはり「小学生になったら6時間勤務」なんでしょうね。

ただ、その頃には下の子達の習い事なんかも増えていそうですし、もう少し経済的には
余裕をもっておきたいところです。

1年4ヵ月後の6時間勤務を目標に、ローコスト生活を推進していきたいと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です