食費1人9,000円/月。魚柄さんのシンプルライフは勉強になります。


最近、魚柄さんの本をいくつか読んでいますが、こちらの本が一番面白かったです。

amazon⇒
(楽天ブックスは売り切れ)
料理のレパートリーが多く、読んでいるとお腹が空いてしまいますが、
これで一月の食費が9,000円(実際は7,500円くらいだそうです)というんだから、
羨ましくなってしまいます。

特に乾物の使い方は勉強になって、今まで何で使わなかったんだろう?と思うくらい。
早速、乾物料理の本を図書館で予約しました。

魚柄さんの料理には肉がほとんど出てこなくて、穀物や豆、根菜類、そして乾物が
メインとなっています。

スルメ、干しえび、昆布、鰹節、干ししいたけ、貝柱、などなど乾物はうまみが
多く、そのおかげで肉がなくても料理が美味しくなるんでしょうね。

私も今年はきちんとダシを取るようにしていて(と言っても、週末にまとめて
取っておいて、冷蔵保存してるだけですが)、きちんとダシを取るとそれだけで、
普通の料理がおいしくなってる気がします。

先日は、冷蔵庫にダシが余っていたから、それを鍋に少し入れて、野菜を蒸したんですが、
子供達が今までにないくらいに野菜を食べてくれました。

野菜入れてダシ入れて火にかけるだけ、という簡単すぎる調理法で、
子供達がたくさん食べてくれるなら、今まで料理に使っていた時間って、
ただの自己満足だったような。

魚柄さんの料理は手間をかけずに、おいしく、安くを基準にしていますが、
その中身は、少し前の日本の一般的な食卓という感じです。

鰹節削り器で鰹節を食べる分だけ削ったり、雑穀類を食べたり、特別なことは
一つもしていなくて、シンプルなんだけど、それが結局一番おいしいという。

今の私が「こういう暮らしをしたいなぁ」と思っている暮らしを実践されていて、
「ここまではマネできないな」と思うところもありますが、少しずつわが家の
暮らしにも取り入れていきたいと思います。

魚柄さんの本を読んで、ますます鰹節削り器が欲しくなりました。
既に3年くらい迷っているんですけど、なかなか踏ん切りつかないんですよね。

「手入れが面倒になりそう」とか「毎回削るのが面倒になって、あきらめるかも」
とか、なかなか踏み出せずにいます。

でも良く考えたら、削り器を購入して、生活を変えるきっかけにすればいいんですよね。
amazon⇒
(楽天ブックスは売り切れ)


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です