調味料を少し良いものにすると時短とおいしさが両立します。


調味料は少しだけですが、良いものを買うようにしてます。

料理本などによく載っているものです。
スーパーでは取り扱ってないことも多く、もっぱらネットで買ってます。

スポンサーリンク
レクタングル大

わが家の調味料


みりん(味の母)


今井のごま油


オリーブオイル


揚げ油


砂糖


オイスターソース


お酢


米酢

以前は醤油も買っていましたが、酸化してしまうことが多く、
やはり鮮度にはかなわないということで、キッコーマンを使ってます。

この酸化しないパッケージを老舗醤油屋さんも導入して欲しいです。

ちなみに、私は最近知ったんですが「昆布しょうゆ」って便利ですね。

焼きおにぎりやおひたしがこれだけでおいしくなります。

おいしさという意味でも

上記の調味料はスーパーの安い調味料と比べると値段は割高です。
でも、味は値段の差以上にあります。

食べる家ごはんが普通においしいって、手軽に家族全員幸せになれます。
別に、感動するほどおいしくなくてもいいんですよね。
「お、今日もご飯がおいしいね。」ってくらいで十分気持ちが穏やかになります。

それには、おいしい調味料を使うことが手っ取り早くて、失敗のない方法だと思います。

キャベツに今井のごま油かけて塩と米酢をかけたら、それだけでおいしいサラダになるし、『今井のごま油+塩こぶ』なんかでもキャベツを大量に食べられます。

ごま油をオリーブオイルに替えるだけでも、また全然違うおいしさになります。

調味料自体においしさがあり、組み合わせで何通りにでもできる面白さもあります。

時短という意味でも

毎日仕事から帰って慌しくご飯を作るので、料理って呼ぶには申し訳ないような
『素材+調味料』がテーブルに並ぶことも多いです。でも、素材と調味料がおいしいなら、『素材+調味料』って絶対失敗しない一品になるんですよね。

健康という意味でも

家ごはんが簡単でおいしければ、外食や惣菜を買う回数も減らせて節約になるし、
長期的に見てもきちんと作られている調味料は健康面でもプラスに働いてくれます。

特に油は、製造過程で化学溶剤が使われているものも多くあるため、
製造方法を確認してから購入してます。

たまに口にするくらいのものは全く気にしませんが、調味料は毎日少しずつ
摂取するもののため、できるだけ気に掛けるようにしています。

良い調味料はとてもコスパの良い商品

商品の値段だけ比べるとこれらの調味料に替えることは、支出が増えることになりますが、
味、時短、健康など総合的に見ると、結構な節約になっているのではないでしょうか。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です