妻だと批判されるが、夫だと褒められるのはなぜ?

Pocket

わが家は育児も家事も稼ぎもほぼ平等です。

お互い「自分の方がやってる」と思ってるところはあります。

そんなわが家のある日の出来事をもとに、現在の風潮を考察してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

事例1

4日間の帰省を終え最終便で戻ってきたため、帰宅が夜中の1時になりました。
夫婦ともに疲れきっています。夫は少し風邪ぎみの様子。

翌日は妻は子ども3人と休みですが、夫は出勤しなくてはなりません。

夫は妻も疲れているだろうと思い、仕事帰りに夕食を買いました。
家に帰ると、旅行の荷物もほとんどそのままで、部屋も散らかり放題。

妻はすでに晩酌をしていました。
妻は子守に疲れたのか、ため息ばかりついて不機嫌です。

夫は休む間もなく、ご飯を食べさせ、子どもたちをお風呂に入れ、寝かしつけました。

この話の印象

この妻、どう思います?

夫は帰省疲れで風邪気味でも仕事行ってるのに、夕飯も作らず、旅行の片づけもせず、
すでに酒飲んでるって、ちょっとイマイチですよね。

そして、夫はそんな妻に文句ひとつ言わず、仕事から帰って育児もしてます。
では、こっちはどうでしょう。

事例2

4日間の帰省を終え最終便で戻ってきたため、帰宅が夜中の1時になりました。
夫婦ともに疲れきっています。妻は少し風邪ぎみの様子。

翌日は夫は子ども3人と休みですが、妻は出勤しなくてはなりません。

妻は夫も疲れているだろうと思い、仕事帰りに夕食を買いました。
家に帰ると、旅行の荷物もほとんどそのままで、部屋も散らかり放題。

夫はすでに晩酌をしていました。
夫は子守に疲れたのか、ため息ばかりついて不機嫌です。

妻は休む間もなく、ご飯を食べさせ、子どもたちをお風呂に入れ、寝かしつけました。

この話の印象

夫と妻を入れ替えただけなんですが、なんかこれだと許されちゃうんですよね。

許されちゃうどころか「だんなさん、一人で3人見てるの?えらいわねぇ。」
とか言われちゃいます。

うちの母親だったら「一日一人で子守してたんだから、晩酌くらいさせてあげなさいよ。」
と言うはずです。

しかも、妻のがんばりは『夫に子ども預けて仕事行ってるんだから当然』的な感じに。

わが家の現実は事例2でした。

事例2は先日の金曜日のわが家なんです。

「大変だろうからご飯買って急いで帰ろう」と走って帰ったくらいなので、
別にダンナサンに文句があるとかじゃないんですが、
ふと「これを妻がやったら、キレる夫とかいるだろうなぁ。」と思ったんです。

世の中の妻は大変ですよね。
家で子ども3人みてたら、仕事してるより結構大変なときも多いですよね。

それに、「ダンナサン、一人で3人みれるの?すごいね。」と言われることも結構あって、
「奥さん、一人で3人みれるの?すごいね。」っていう人はいないだろうなぁと
常々感じていたのもあって、妻と夫を入れ替えて書いてみました。

何が言いたいかというと、育児や家事に関しては同じことをしても、
夫がやると断然褒められることが多いということです。

たとえば、仕事の成果物で同じクオリティのものを男性と女性が作ったからって、
別に評価が変わったりしないと思うんですよね。

それなのに、育児や家事は明かにクオリティが低くても男性がやった方が褒められる
という不思議な現象。

しかも、その価値観が広く一般的に受け入れられてるっていう。
なんなんでしょうね。

産むのは女性にしかできないけど、育児と家事って男性も普通に同じクオリティでできる
と思うんですけど、どうやらこの考え方はあんまり大きな声で言わない方が良いようです。

子どもたちが働く母さんになるまでには、「家事も育児も仕事も半々でしょ?」
という風潮になっていてほしいです。

一緒にやれば相手の大変さがわかる

結局はこれに尽きますよね。

やってみないと本当のところは分からないです。
やってみれば、大変さもわかるし、面白さもわかるし、問題点もわかってきます。

『百聞は一見にしかず、百見は一体験にしかず』だと考えているので、
家事も育児も仕事もできればこれからも半分ずつ背負っていきたいです。

一人で家で子ども3人みてたら、男でも女でも大変なのは同じです。
それなのに、母親だと急に「それくらいやれて当然」となってしまうのは、
やったことない人ややってたことを忘れちゃった人が多すぎるんだと思います。

「母親だって大変ですよ。母親だと子どもも全力で甘えてくるから、他人の子ども3人預かる方が楽だったりしますよ。」などといくら言っても現状は変わらないと思います。

現状を変えていくには、やったことない人ややってたことを忘れちゃった人たちを
どんどん子育てに巻き込んでいくしかないんですよね。

そういう意味でも、共働きがどんどん増えてほしいです。
働く大変さや面白さ、家事や育児の大変さや面白さ、夫婦で共有できるのは共働きの
最大のメリットだと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です