『旦那、会社辞めるってよ。』本気みたいで思い込みから脱出したようです。


以前にちょろっと書きましたが、ダンナサンが転職するらしいです。

ダンナサンが転職するって言い出した。共働きだと危機感が薄くなる?
新年早々なんですが、ダンナサンが「春か夏ごろに転職しようかな。」と。 結婚してから3社目となる今の職場には6年勤めています。 正社員になって...

まだ全然何も決まっていませんが、本人は既に辞める気満々のようです。
リクナビから1件申込して「まずは書類を送ってください。」の段階。

40歳過ぎて転職なんて、昔は考えられなかったから、今はそれだけ
自由になったんでしょうかね。リスクも十分ありますけど。

わが家の転職が上手くいくのかどうかはまだこれからですが、
どう転んでもいいように小さい暮らしを心がけようと改めて思いました。

今回、面白いなと思ったのは、ダンナサンの思考が変わったことです。

結婚したころから「〇〇に転職した方がいいんじゃない?」と何度か言っている会社があるんですが、「〇〇に入れたら一番だけど、〇〇は無理だよ。」と。

「HPで中途募集してたよ」と言っても、「あれは年中出ててるの。形式上
募集が出てるだけ。コネがないと無理なの。」と言っていました。

それが自分から「〇〇にも応募してみようと思ってる。」と言い出してビックリ。

あんなに「自分は〇〇ともやり取りがあったから、コネがないと入れないって分かってる。」と言っていたのに、人間変わるモノですね。

何度「コネがないと入れないなら、HPに募集とか載せなくない?」と言っても、
聞かなかったダンナサンが自分から「HPから応募しようと思って。」と。

この11年の間に資格を取得したり、周りが転職したことも大きかったとは思いますが、一番はやっぱり思い込みから脱出したことだと思います。

「自分には無理。」と思った気持ちが行動にブレーキをかけてしまうんですよね。

無理かどうかはやってみないと誰も分からないのに、前例や自分の過去(学歴や職歴)から判断して、応募することすら踏みとどませてしまう。

11年の月日が経って、ダンナサンの中の常識(思い込み)が捨て去られそうでとても嬉しいです。

せっかく積み上げた経験だし、希望の会社に内定もらって、後ろ向きじゃない転職をしてくれたらいいな、と思っています。

結果はどうあれ、自分が「こういうものだよ。」と思い込んでいるままじゃ、何も変わりませんからね。

それは、私にも言えることで、今まで常識だと思い込んでいたことを一つずつ捨てさって、
自分が本当に信じていることを取り入れて生きたいと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です