プールが始まって地味に負担増。洗濯が自転車操業中。

Pocket

子どもたちが大好きなプールの季節。

家事負担が増加する季節がやってきました。

3姉妹の保育園でもプールが本格的に始まって、水着やもろもろの

洗濯に追われる日々です。

地味に、疲弊しています。

特に長女の保育園は、出来るだけ毎日プールに入るため、

毎日、夜に洗濯をして、朝には乾いた水着やらバスタオルやらを

取りこんで、持っていきます。

3人分の水着やバスタオルを2セットもストックしたくないわが家は、

まさに自転車操業というか、「明日の朝には絶対乾いて!」という気持ちで

夜な夜な洗濯を干しています。

子どもたちのプールへの気持ちを考えると、毎日入らせてくれる、

長女の保育園にはありがたみを感じるし、毎週曜日が決まっていて、

それ以外は入れない次女・三女の保育園には、「もう少し入れてくれても…」

という気持ちもありますが、やっぱり家事負担は増えていて、

しんどくなる時もあります。

3人分のプールバッグに、水着入れて、バスタオル入れて、着替え入れて、

濡れてもの入れるビニールと、汚れもの入れるビニールを入れて…とやってると、

まぁ、混乱します。

微妙に、長女の保育園と次女・三女の保育園の持ちモノが違ったりするから、

余計にわけが分からなくなって、「○○入って無かったよ~。」と言われることも

しばしば。

そして、朝は、プールカードの記入のために、3人の体温測って、プールカード書いて、

という地味な作業も増えて、なかなかの負担ですよね。

そして、夏はそれ以外にも、虫よけや日焼け止めも毎日の作業に入ってくるもんだから、

朝の作業量も膨大に。

冬のコート着せて、マフラー巻いて、手袋して、って作業も結構地味に時間を

取られますが、総合的には、夏の方が作業が増える気がします。

大したことではないんだけど、それでも、×3人分が毎日となると、意外とツライというか。

これが、夏が終わるまで続くのかと思うと、まぁ、気が滅入るわけですが、

子どもたちがプールを楽しみにしている姿を見るのも嬉しいので、頑張るしかないですね。

小学生になったら、きっと自分で準備して、お母さんの仕事は、洗濯くらいになるのかな?

「大変なのも、今だけ」と思って、今年の夏も洗濯とプール準備と虫よけと日焼け止め作業を

せっせとやろうと思います。

でも、こういう地味な大変さは、ダンナサンには伝わってないんだろうなぁ。

たまーに気を利かせて、プールバッグの中身を準備してくれるんですが、

まぁ、中身がグチャグチャで、長女のバッグの中に、次女の水着と三女のバスタオルが

入っていたり、着替えに下着が入ってなかったり。

私も混乱するくらいだから、そういうミスするのも分かるんだけど、

そこミスするとプール入れなかったり、子どもたちが困ったりするから、

どうせやるなら精度を上げてやってほしいなぁ、と思ったり。

でも、言ったら、もう手伝ってくれない気がして、こっそり確認して、直しています。

言わないとずっと間違えたままだったりするから、言った方がいいんですかねぇ。

「俺はできる主夫」感が強いから、指摘しにくいです…。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です