子供は大人の言うことを素直に聞きなさい、って躾は正しいの?


しつけ、って難しいです。

私は題名のとおり、「子供は大人の言うことを素直に聞きなさい」

と言われて育ちました。

でも、親になってみて、本当にそういう風に子供をしつけて良いのか?

という疑問を持っています。

それは、長女が人の言うことを鵜呑みにするからかもしれません。

長女が1歳くらいのときに、「アメはまだ食べられないよ。」と教えたら、

結構大きくなってからも、「私はアメ食べられないから。」と

口に入れようともしませんでした。

逆に次女は、「これは熱くてヤケドするから、絶対触っちゃダメ!」と教えても、

「分かった!」と言って触るタイプ。

親としては、長女の方が育てやすいし、心配も少なくて済みます。

次女には、「母さんの言ってること聞いてた?」と何度言ったことか。

でも、一人の人として考えたときに、

「相手が言ったことが本当なのか、自分で確かめてみる。」という、

次女の姿勢のほうが、正しいのでは?と思ったりします。

そんな、人の話をほとんど聞かない次女は、祖母(私の母)にいつも、

「子供は大人の言うことを素直に聞きなさい。

そのほうが人にかわいがられるから。」と言われています。

そして、私には、「もっとビシッと言って、言うこと聞かせなさい」と言います。

でも、私の中で、「無条件で大人の言うことを聞く子供にしていいのか?」

という疑問があるから、そうできないんですよね。

「人の言うことを素直に聞く」「言われたことを素直にすぐやる」「余計なことはしない」

って育てる側には、とっても便利な言葉だけど、そういう育て方って

どういう大人を作ろうとしているんだろう?と。

従順なサラリーマン?

組織にとっては、そういう人材ってとても重宝がられるし、

そういう人が大多数じゃないと、組織は回らないと思います。

でも、今の子供たちが社会に出るころって、今のような社会じゃないし、

もっと世界がつながっていて、多様性の中に放り込まれると思うんですよね。

「あの人は○○と言っていて、あっちの人は××と言ってる。

でも、私は△△と思う。それでいいんじゃない?」と、思える力が必要なんじゃないかと。

人の言うことを鵜呑みにしてしまうと、「あの人は○○と言っている。」

「そっか、○○なんだ。」で思考が停止してしまうというか。

「自分はどう考えていて、相手の考えとどこに共通点があって、どこが違うのか、」

そこまで思考できないと、多様性の中に放り込まれたときに困るんじゃないかな、

と思ってしまいます。

私自身も「親の言うことは絶対。大人の言うことは素直に聞く。」

というしつけをされてきたから、まさに、思考停止状態で大人になりました。

言われたことを、効率よくやることは得意でも、「何か自由に作って。」とか

「自分の意見を述べて。」なんてことになると、急に何もできなくなる。

学生時代も、正解がはっきりしている試験は得意でも、小論文になったら、

「何を書いていいの?(何を書くのが正解なの?)」とフリーズしてました。

そういう自分の経験もあって、思考停止状態で、言われたことを鵜呑みにして、

生きるようにはなってほしくないなぁと思っています。

もちろん、命の危険がある、とか、人を傷つける、とかやってはいけないことは、

やる前にきちんと言って聞かせる必要はありますが、

親の都合での「大人の言うことは、素直に聞きなさい!」はあまり使いたくないです。

そうは言っても、そのあたりのサジ加減って本当に難しくて、

「母さんも間違えてることあるから、母さんが言ってたからって全部信じなくてもいいよ。」

と言うのも、混乱させるだけな気がするし・・・。

本当に、人を育てるって難しいです。

そして、迷いすぎて、昨日この本をポチりました。

Amazonの内容紹介にあった、

「8歳の少年が『大きくなったら宇宙飛行士になりたい』と言うと、よその親ならたいがい、にこりとほほえんでこう言うだろう。『それはいいね』。そしてさっきまでの用事に戻っていく。けれども、わたしの父だったら、子どもの言葉を本気で受けとめるはずだ。おそらく、次回のスペースキャンプに申し込み、友人のそのまた友人で、ロケットの清掃をしている人物くらいには紹介してくれるだろう。うちの両親なら、夢は現実になると教えるために、自分たちでできることはなんでもしてくれる」(本文より)

この言葉に惹かれて購入。

私が教えられて育ったこととは、まったく違う子育てが書かれていそうな気がします。

早く来ないかなぁ。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. ずぼらっ子 より:

    ものすごく共感です。
    うちの長男の保育園が自主性を育てるって方針なので、基本的に長男の意思を尊重するようにしているのですが、それを見た私の母は「甘すぎる」「ワガママだ」と思っているようです。
    でも、素直でいい子であることがいいとも限らないと思うので、できるだけ本人の意思を尊重したい。けど、ある程度親の言うことを聞いてくれないと生活もまわらないし・・・
    とモヤモヤモヤモヤしています。
    私自身は、素直でいい子、で育ったので、なかなか難しさを感じます。

    • sai より:

      ずぼらっ子さん、コメントありがとうございます!

      私自身が手探りでやってる中で、ジェネレーションギャップのある親世代の意見は、
      ときどき、大きく惑わされる原因になっている気がします。

      わが家も「ダメなものはダメ!」と言わなくてはいけない瞬間と、大人の事情で、
      「いいから言われた通りにやって!」が混同してしまうことが、ままあります。

      特に朝の忙しい時間は、ついつい強制的になりがちなんですが、ふと、
      「親の私が次女の長所を殺してるのでは?」と思うこともしばしばです。

      本当に育児は、試行錯誤ですよね。特に自分のされた躾と違う方向性を目指している時は、
      暗中模索感がすごいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です