おむつなし育児風の進捗状況(1歳6ヶ月)。停滞期を抜け出した?


おむつなし育児風を始めて、1年半が経ちました。

一時期は、停滞していて、全くもってトイレで排泄できなくなっていた三女。

体調が優れなかったり、生活が慌しいと、おむつなし育児は
急激にむずかしくなります。

生活が落ち着き始めて、言葉も良く出るようになり、
やっと停滞期を抜け出し始めました。

保育園で、トイトレが始まった効果もありますが、
しょっちゅう「チッチ」「う~ち」と言うように。

言われるたびに、トイレに連れて行くんですが、
まぁ、3割打者くらいの三女。

立て続けに、「チッチ」という割には、出ないことの方が多いです。

洋服脱がせて、オムツを取って、座らせて・・・、
「でた!」という合図で見に行くと、出てないから、
またオムツつけて、洋服着せて。

しばらくすると、また「チッチ」コール。
また洋服脱がせて、オムツを取って、・・・無限ループに。

また、たちが悪いのが、3回目くらいに本当に出たりして、
「どうせ出ないんだから・・・。」とスルーできないんですよね。

せっかく本人がやる気になってるのに、無視してしまったら、
またオムツで排泄する感覚に戻ってしまうから、出来るだけ
トイレには座らせたいんですが・・・。

それでも、夕食作り始めた途端に、無限ループに入られたりすると、
もう何も進まず、イライラしてしまうことも。

で、3回くらい連れて行って、出なくて、また「う~ち」って
言い出して、「もう母さん、夕飯作らないと遅くなっちゃうよ~。」と
トイレに連れて行かなかったら、オムツにウンチしてたり。

なかなか思ったようには進みませんが、それでも、続けることが
一番大事、ということで、「チッチ」コールには、最大限応えるように
しています。

嬉しそうに「でた!」と教えてくれる姿は、本当にかわいいんですよね。
出てないんですけどね。本人的には、満足そうで。

「う~ち」の時は、「ヴ~ン!してごらん」というと、それっぽい顔だけして、
「ヴーン!」と言ってくれるから、その顔見るだけでも楽しいんですけどね。

時間に追われているときは、なかなか楽しむ余裕が私にもなくて。

やっぱり育児は、時間的な余裕が大切ですね。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です