オヒツラブ!木のおひつの良さを書き出したら止まらなくなり、別記事にしました。


白米は「玄米を精米して鍋炊き&木のおひつが最高です。」という旨の記事を書いていたのですが、木のおひつの良さを書き始めたら、どんどんいいところが出てきて、長くなってしまったので、別記事にしてみました。

炊飯器要らず!鍋炊き⇒おひつ保存でご飯が格段に美味しくなりました。
我が家には炊飯器がありません。 でも、毎日食べているご飯は、高級炊飯器で炊いたご飯より、おいしいです(個人的感想)。 以前、電気屋さんで、...
スポンサーリンク
レクタングル大

我が家のおひつは現在二代目です。

木のおひつ生活も5年目に入ろうとしており、現在は二代目のおひつを使っています。

初代おひつ

最初におひつを買ったのは4年くらい前です。

いろいろ悩んで、作りもしっかりしてそうだし、価格もお手ごろなこちらを購入しました。

たまに、ショッピングモールに出店している金物の出店などでも同じものを見かけます。
木のおひつではメジャーな商品のようです。

最初に鍋炊き&おひつご飯を食べた時は、そのおいしさで白米をおかず無しでパクパク食べたり、塩おむすびにしたり、もう白米祭りでした。

ただ、木のおひつ初心者だったもので、2年くらいで黒い点々が出るようになってしまい、それ自体は味に問題ないようなのですが、見た目が「う~ん。」となり買い換えることにしました。

愛着があっただけに、処分するときは踏ん切りが必要でしたが、その分次のおひつをもっと長く使えるよう気をつけようと心に決めました。

二代目おひつ

そして買い換えたおひつが、こちら。
現在使っているおひつです。
倍の値段なので、悩みましたが、初代よりも木が薄く乾きやすいので、2年以上使っていますが現在黒い点々などはありません。

こちらのおひつは金具を使用していないので、電子レンジに入れても大丈夫。
ご飯を温める時はもちろん、洗った後軽くレンジにかけると早く乾きカビを防げます。
ずぼらで時短志向の私にはありがたい存在です。

木のおひつの性能は驚きの連続です。

木のおひつはお米の水分を適度に吸ってくれるので、ご飯が本当に美味しくなります。
水加減を間違えてビチャビチャになってしまったご飯でも木のおひつに入れると水分調整されて、おいしくたべられるようになるし、時間が経ってもおひつの中は適度な湿度が保たれているので、ご飯がカピカピになりません。ラップしたご飯みたいに水滴もつきません。

10時間とか保温することはできませんが、数時間はあたたかいご飯が食べられます。しかも、長い時間おひつに入れていても、おいしさが続くから不思議です。冷めてもそのまま食べられるくらいです。

何度も書いて恐縮ですが、木のおひつは本当にスゴイです。

使い方は簡単で、ご飯を入れる前に少し水で濡らして、側面などにご飯がつかないようにしてからご飯を移し蓋をします。
使い終わったおひつはタワシで水洗い(洗剤は使いません)して、風通しの良い場所に保管することくらいでしょうか。
特別に手が掛かるという印象はありません。

木のおひつに入れたご飯は、常温でも「夏なら1日、冬なら2日」は全く問題ないです。それ以上だと冷蔵庫に入れています。

そして、炊きあがっておひつに移したら、そのまま食卓に置けるので「おかわり!」のたびに席を立たなくていいです(地味ですが家族が多いと重要)。

おひつはいいところあげたらきりが無いですね。

でも、こんなに良い道具がなぜ炊飯器にその座を奪われたんでしょうね。
もちろん、炊飯器も素晴らしい機械ですが、「ご飯を炊く」「ご飯を保存する」という力では、鍋炊き&おひつは炊飯器と互角かそれ以上だと思うんですよね。

それなのに、この普及率の違い。

うちの夕食時に来てくれる人は、「鍋で炊くの?おひつなの?」と驚かれるので、普及率には歴然とした差があると思います。

やっぱり『便利さ』でしょうか。
でも、意外と鍋炊き&おひつって不便じゃないですよ。予約炊きと長時間保温できない位で、炊き上がりは炊飯器より早くて時短になります。
不便そうなイメージはありますが、時短でおいしいご飯食べれて、共働き向きです。

ご飯がおいしかったら、おかずが1品少なくても満足度高い食卓になるし(こじつけ?)。あ、でも、本当に卵1つあれば、おいしい卵かけご飯になります。

三代目では無理でも・・・、いつかは。

いつか曲げわっぱのおひつを使うのが夢です。

値段が今の3倍以上するので、まだまだ先になりそうです。

おひつ唯一のデメリット

ここまでおひつ絶賛で来ましたが、唯一のデメリットがあります。

白米食べすぎちゃうんですよね。そして、おなか周りがプニプニしてきちゃうんですよね。

もうすぐ新米の季節がやってきて、ますます危険です。

それでも、省エネ&省スペースでおいしいご飯が食べられるおひつは断然オススメです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です