テレビ無し生活1か月の感想。手放すことで得られることを実感。


テレビが無くなって一月半以上が過ぎました。

人間って本当に慣れの動物なのねと再認識するほど、テレビが無いことに慣れ切っています。
子ども達も「うちのテレビ壊れちゃってないんだよね。」とたまに言うくらいです。

子どもの頃からずっとテレビっ子だった私にとって、人生初のテレビが無い生活は予想に反して快適な生活でした。

生活に余裕がないときは、何かをスッパリやめるメリットは大きいですね。

「新しいことを始めたいけど時間がない。」と思ったまま、人生が過ぎていくのはもどかしいです。
当り前にしていた習慣を手放すことも、ときには必要だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

テレビ無し生活のメリット

他の記事でも少しご紹介していますが、改めてまとめてみました。

時間的余裕が生まれる

一番大きなメリットは、やはりテレビをダラダラ見る時間が無くなったことです。

特に、子どもが朝グズグズするので、テレビをつけていたのですが、
見入ってしまって朝食が止まる、支度が進まない、と言うことが減りました。

それでも、朝はマイペースな長女に「早くしなさい」と言うことも多いですが、
かなり少なくなったと思います。

長女は「現状受け入れタイプ」なので、「テレビが無いなら絵本」と言う感じで
絵本ばかり読んでいます。今の時期に多読を身に付けて欲しいので、これはとても嬉しい傾向です。

次女は「欲しいものは欲しい!タイプ」なので「テレビ無いからタブレットでアンパンマン見せて!」
と何か見たいときは、諦めずに交渉してきます。

まだ読める字が少なく、一人で絵本が読めないからかもしれません。

でも、小さいうちから毎日テレビを見る習慣がついてしまうと、私のように苦労するので、次女も絵本好きになってくれるといいなぁと思っています。

子どもだけでなく、大人も一日の最後にテレビをボーっと見るということが無くなり、
本を読んだり、家事をしたり、ブログを書いたりする時間を持てるようになりました。

一日たった30分~1時間でも積もり積もれば大きいですよね。
忙しい毎日の中でもブログを書けるようになったのは、テレビ無し生活の賜物です。

掃除が楽になる

二番目のメリットとしては、これは無くなって初めて気がついたのですが、
テレビ周りの掃除から開放されたことです。

子どもがいると、画面はバンバン叩くし、指紋はつけるし、まぁ汚れますよね。
そして、テレビ周りってホコリがすぐ溜まります。
激落ち君スプレーでキレイにしても3日もすれば汚れています。

テレビの画面が汚れていると一気に生活感が出るので、できるだけキレイにしておきたくて、結構手間が掛かっていました。

それが、テレビが無くなれば、その掃除は一切不要なので、激落ち君の減りも少なくなっています。

電気代が安くなる

三番目のメリットは電気代がたぶん安くなっていることです。
エアコンつけっぱなしで寝ているのに、夏の電気代としては過去最安値。
やっぱりテレビって結構電気を消費しているようです。

もう今年は猛暑日はなさそうですが「猛暑日はテレビを消してエアコンつけましょう。」的CMを作って欲しいですね。

テレビを消しても生命には何の影響もありません。

テレビが無くて困ったこと

この1ヵ月半、一つもありませんでした。
「無いと困るかも」とずっと思いこんでいたので、ここまで何も困らないと拍子抜けします。

1年とか過ぎたらまた何か出てくるかもしれないので、その時はご報告します。

何かを得ようと思ったら、何かを手放さなければならない、と言いますが、その逆もまたしかり。

とりあえず手放してみたら、予想以上のメリットが得られました。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です