保湿クリーム以上の効果!子どもは石鹸で洗わないにかぎる!?


三姉妹のうち、長女も次女も肌の乾燥や湿疹が悩みで、次女にいたっては、
保育園の先生に「アトピーですよ、これ。」と言われたほど肌のトラブルが
耐えませんでした。(実際はアトピーじゃなかったんですけどね。

その経験を踏まえて、三女は生後すぐから保湿クリームを塗りたくっていたのですが、
少し前に読んだ本の中に、「子どもの汚れでお湯で落ちないような汚れは無いから、
石鹸で洗わないであげて!」というような内容がありました。

試しに、3人ともできるだけ石鹸は使わず、熱いお湯も使わないように心がけました。
すると、1月ほどで「これは保湿クリームを使わなくても大丈夫なのでは?」
という位に乾燥もしなくなり、肌の状態も良くなってきました。

具体的には、36℃~37℃くらいのお湯で洗っています。湯船の温度も37℃
に設定しているため、真冬は暖房なしでは入れませんが、それ以上に高いお湯は
必要以上の皮脂を落としてしまうため、バリア機能低下の原因に。

ただ、子供達は37℃くらいの方が入りやすいようです。
ちょっと寒くて、追い炊きすると「熱い!」とクレームが。

37℃というのは、体温より少し熱い温度です。

体の中から出てきた老廃物も体温37℃で液体となって排出されているんだから、
37℃のお湯で流せば流れるでしょ。という理屈のようです。

寒い日なんかは、少し熱めのお風呂に浸かりたい衝動にかられますが、
少しずつ子供達の肌の調子が良くなってくるのを感じ、なんとかガマン。

今はたまに乾燥している部分にクリームを塗るくらいで、毎日のお風呂上りの
3人への保湿クリームを塗る作業がなくなって、時間的にも気分的にも楽になりました。

以前は、石鹸や熱いお湯で洗い流してしまっていた、体を守っている油脂を、
お風呂上りにクリームで補充していただけみたいです。

今は、必要以上の油脂を洗い流さないことで、それを補充する必要も無くなった
ということで、足し算引き算的には納得の結果です。

まぁ、大昔は石鹸なんて無かったわけだから、人間の本来の肌の機能としては、
お湯や水で洗う程度しか想定されていないのかもしれませんね。

それを必要以上に、石鹸で落としてしまうから、乾燥したり湿疹が出たりして
いたのかも、と今は思っています。

一番肌の弱い次女は、まだ時々発疹出たり、かきやぶったりするので、薬との
付き合いが完全に終わったわけではありませんが、この数ヶ月でだいぶ変化が
あったので、この方向性でもう少し続けてみようと思っています。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です