わが家は上期カツカツ下期うるおい型家計。年間で貯蓄できればOK。

Pocket

わが家は上期に学資保険や養老保険の年払が集中していることと、
ダンナサンの仕事柄、上期はヒマで下期が繁忙のため、
家計も連動して上期(4月~9月)がカツカツで、下期(10月~3月)が
潤う家計となっています。

スポンサーリンク
レクタングル大

そのため、上期は貯蓄もなかなか進まず、赤字になることもあります。
毎月「貯蓄できない・・・。」と不安になりながらも、下期の追い上げで
何とか目標額まではギリギリ達成できた~、となる年が多いです。

上期に全く貯蓄できないことや赤字になることに結構なストレスを抱えていまし
た。
そして、下期は思った以上に余裕が出てきて、上期の反動で財布の紐が緩んだり。

特に今年は産休や時短勤務で収入が減り、レジャーや帰省などの支出が増えてい
ます。

固定給や年俸制でなければ、毎月入ってくる金額を固定することはできません。
それなら、気持ちを切り替えて、年間で貯蓄できていればOKと思うことにしまし
た。

収入が少ない月に先取り貯金をしてしまうと、給料日の時点で金欠状態になりま
す。
目標額を毎月積み立てていくのが理想的でも、現実的には流動的に貯蓄できる月

貯蓄するしかないですよね。

そのため、今年からは年間で目標額を決めて、それを月割りして貯蓄しようと
意気込むことなく、年度末時点で目標額をクリアしていればそれでOKとしました。

それによって上期の貯蓄できてないストレスが大幅に減りました。

家計の流れをつかむことで、一年のうちのどの辺が貯蓄しやすくて、
どの辺がカツカツになるかを把握し、総合的にみることができれば、
無駄なストレスに苦しむ必要もなくなります。

わが家の場合は、『上期は仕方ない、下期で頑張ろう。』という方向性が
ライフスタイルに合っているようです。

下期のお金掛かりそうなイベントは、既に終わったキャンプと、
七五三、クリスマス、年末年始に親戚一家が遊びに来る、ディズニー、
子供向けコンサート、まだまだちょくちょく発生しそうです。

ざっくり15万円くらいでしょうか。

下期も色々とかかりそうですが、上期に貯蓄できなかった分、3月末には
ほっとできるよう、メリハリをつけてお金を使っていこうと思います。

(おまけ)

長女が外で遊んでいるときに、日陰の道の端っこにある緑色のモノを指して、
「母さん、これなんだっけ?ニワトリだっけ?」
というので、見てみたら「コケ」でした。

確かにニワトリも「コケー!」と鳴くけどね。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です