母親は猫アレルギーでも生まれた時から猫と暮らす娘達は大丈夫そう。


母親である私は猫アレルギーがあります。3匹を拾ってから分かったため、
アレルギーが出た時は薬を服用しています。

私の父も猫アレルギーがあるため、長女を産むときは相当心配しました。

母からも「猫が赤ちゃんに噛み付いたり、乗っかったりして何かあったらどうするの?」
「赤ちゃんがアレルギーだったら猫を手放しなさい。」など、色々と言われました。

生まれてからも、少し何かあるとすぐに「猫がいるからじゃない?」と言われたり。
(母は3匹のことをとても可愛がってくれてるんですけどね。)

スポンサーリンク
レクタングル大

猫と暮らす赤ちゃん

で、実際暮らし始めてどうだったかというと、三姉妹とも猫アレルギーはないですね。

生まれた時から一緒にいるから、免疫ができたんでしょうか。

私がアレルギー出て苦しい時も、三人ともまったく普通です。

二人目までは、「長女は偶然アレルギーがない体質だっただけで、次女にアレルギー出たら
どうしよう。」なんて思ったりしましたが、三人目でははっきりと「これは大丈夫だな。」
と思えました。

先ほど調べたら、こんな研究結果もありました。

『犬と暮らす赤ちゃんは、生後一年間に風邪をひく割合が低いことが明らかに』

猫は犬ほどの効果はないようですが、確かにわが家の3姉妹も中耳炎になったことないです。

最近は何でも「抗菌、除菌」が流行っていますが、無菌状態で育てるのも違うんでしょうね。
適度に菌を取り入れて、免疫をつけていくことも必要なんだろうと思って、
鼻垂れ3姉妹の鼻を拭き続けている今日この頃です。

とはいっても、アデノまでやってきちゃうと困るんですけどね。

赤ちゃんと暮らす猫

ついでに、猫の反応はどうだったかというと、基本的に「無関心」ですね。

6年間も猫3匹が子どものような状態だったので、やきもち焼くかな?とか思いましたが、
至って興味なしの様子。

最初に長女を出産して連れて帰った瞬間だけ、3匹が集まってきてクンクン嗅いでいました。
一通り嗅ぎ終わると、それ以降は関心をまったく示しませんでした。

最近は、長女が人らしくなってきたため、3番目の人懐っこい猫は長女のトイレに
一緒に入ってゴロゴロしたり、それなりにコミュニケーション取ってます。

赤ちゃんに乗っかった事なんて一度もないし、偶然近くに居てシッポを掴まれたり、
踏まれたりしても、びっくりして「ニャー!」というくらいで、引っかきや噛みつき
なんてこともありません。

たぶん、猫も子どもたちをきちんと認識してくれているみたいです。

個人差はあると思いますが、わが家の場合は、猫と暮らすことでの子どもへのデメリットは
今のところありません。免疫が強くなったかどうかは検証できませんが、3人揃って、
猫アレルギーも出ていないし、中耳炎にもなっていないし、メリットの方が大きいようです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です