モノを欲しがらない長女が、「このシリーズの他の本も買ってほしいな。」と言い出した!


以前こんな記事を書きました。

「なぜ?どうして?」シリーズに長女がハマってます。売れるだけありますね。

長女がとうとう、

「このシリーズの他の本も買ってほしいなぁ、読みたいなぁ。」

と言い出しました(しめしめ)。

今回購入したのは、こちらの3冊。
Amazon⇒

楽天⇒こころのふしぎなぜ?どうして? [ 大野正人 ]

Amazon⇒

楽天⇒宇宙のふしぎなぜ?どうして? [ 宮本英昭 ]

Amazon⇒

楽天⇒おぼえる!学べる!たのしいことわざ [ 北村孝一 ]

 2冊は「なぜ?どうして?」シリーズですが、1冊は、しれっと「たのしいことわざ」
を紛れ込ませました。
すぐ次女に、「なんで、ことざわなの?ことざわ要らない!!」と
怒られましたが(「ことわざ」を「ことざわ」って読んでしまう次女)。
まぁ、そんな感じで、子どもたちが気に入ってくれた「なぜ?どうして?」シリーズ。
こころのふしぎには、「人は死んだらどうなるの?」「なぜ人を殺してはいけないの?」
など、ぱっと答えることを躊躇してしまいそうな、疑問について、
分かりやすく回答してくれています。
そして、人の死については、2歳ごろから敏感だった長女にとっては、
分かりやすい解説で、少し理解が進んだようです。
親の知識では説明できないことも、専門家が分かりやすく答えてくれるのが、
本のいいところ。
文字の大きさ的に難しいかな?と思っていましたが、レビューに「小1で読んでます」
とあり、こちらの2冊を購入する予定。
2冊で5400円…。
値段に躊躇もしていますが、
「私もダンナサンも答えられない質問に、専門家が分かりやすく答えてくれて、
5400円なんて、こんなにコスパのいい授業料はない!」と自分を説得中。
3人で使えば、一人頭1700円だし(←せこい)。
コスパ上げたければ、もう一人産むって手もあるし(…むりか)。
(おまけ)
ヒョウの子どもが小さい時に親が死んでしまってトラの家族になる、この絵本を読んでる時、
「父さんと母さんが死んじゃったら、他のおうちの子になることもあるんだよ。」
と長女が言うと、次女が目を輝かせて、
「え!?そうなの?じゃあ、父さんと母さんが死んじゃったら、
次女は○○ちゃん(私の姉)の家の子になるね!!」
ととっても楽しそうに言ってました。
ちょいちょい、姉の家の子どもになろうとする次女。
まぁ、従姉妹大好きだから、仕方ないのかもしれませんが、さみしい・・・。

↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. maki より:

    なぜ?どうしてシリーズよさそうですね!!子供のころから本が好きだなんて、きっと勉強が出来る子になりますよ~!!

    私も、子供たちに絵本読んであげなきゃな。。。反省です!!なぜどうしてシリーズ、私も読んでみたいです!!こどもって結構難しい質問を大人にしてきますよね!!この前は、『お母さん、なんで人間は人間を食べないの?と。。。』大きい鳥は(猛禽類)小さい鳥とか食べるよね?大人は子供食べたりする?と。。。めちゃめちゃ怖い質問で、どう答えたらいいかわからず。。。saiさんどう答えますか!?!?(笑)

    • sai より:

      こんばんは~。
      コメントありがとうございます!

      なんか、私も一時期期待していたんですが、本好きと学力が比例しない的な
      記事をどこかで読んで以来、あまり期待しないようにしています。。。

      でも、本が好きか嫌いかで人生への影響は大きく違うと思うから、
      できるだけ本好きにしてあげたいなぁとは思うんですよね。
      私自身もほとんど本を読まないで大人になったから、余計にそう思うというか。

      それにしても、お子さんたち、とっても鋭い質問しますね!!
      確かに、人間も哺乳類だけど、哺乳類(牛とか豚)を日常的に食べてますもんね~
      生態系ピラミッドの話とかするしかないんでしょうか?難しい!

      お子さんたちが納得の答えが見つかったら、ぜひ私にも教えてください~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です