厚労省の村木事務次官が退任されましたね。WMを勇気づける村木さんの本。

Pocket

昨日のyahoo!ニュース読まれた方も多いかと思います。本当にお疲れ様でした。

『厚労省の村木事務次官が退任会見 後輩女性官僚に助言も』

スポンサーリンク
レクタングル大

村木さんは郵便不正事件で逮捕され164日間拘留されたのち、無罪が確定して厚労省に復職、
その後厚労省で女性2人目の事務次官になられた方です。

郵便不正事件については、書きたいことがたくさんありますが、こちらの本に
詳細が書かれていますので、興味がある方は読んでみてください。

楽天ブックスはこちら⇒

こんなでっち上げが現代の日本で起こるという衝撃。普通に暮らしていても
犯罪者にされてしまうという事実は恐ろしいです。

しかし、冤罪逮捕拘留の中で自らすべての資料を検証し、
無実の証拠を見つける村木さんのすごさはぜひ読んでいただきたいところです。

でも、それ以上に村木さんの書かれた本でオススメはこちらです。
文庫版も出版されていました。

楽天ブックスはこちら⇒
この本が今の私の心の支えになっています。

今のWMの多くの人はきっと私と同じ境遇だと思いますが、専業主婦に育てられ、
周りもそういう家庭の中で育った私は、WMのロールモデルとなる人がいません。

長女を出産し、子どもを育てながらフルタイムで働きはじめたころ、
たくさんの壁にぶつかり、「この壁、どうやって乗り越えるの?」と行き詰っていました。

そんな頃にこの本を読んで、本当に勇気づけられたし、村木さんのようなパイオニアの人たちが居たからこそ、今、私達女性の多くが社会進出し始めていて、この道を諦めずに進むことが娘達の道に繋がるんだと気づき、働き続ける気持ちをもらいました。

おこがましくも「村木さんのような人になりたい」と思っています。

村木さんは、まだ育休の制度が無い時代に、国家公務員キャリアの夫婦2人だけで
2人の娘さんを育てられています。

国家公務員のキャリアといえば激務の代名詞のようなものですよね。

村木さんも上のお子さんが小さいころにダンナサンと離れ、子どもと2人で転勤したり、
長期海外出張をされています。

普通のお母さんだったら仕事を諦めるかもと思う場面でも、全力で両立されていて、
本当に大変だっただろうと想像に難くない内容が、とても前向きに書かれています。

あの細い体と温厚な人柄のどこにそんな体力と気力を備えているんだろう?
と不思議に思うほどハードな子育て時代は一読の価値ありです。

少し前までは、女の人が自分の仕事を続けるのは、本当に大変な時代だったんですよね。
世間の目も、今より働くお母さんに厳しかったでしょうし。

そんな大変な中でも仕事を続け、厚労省のキャリアとして、次世代の女性が
働きやすい社会を作るために、育児介護休業法などの法整備をされた方です。

育休や時短など今まさにその恩恵を受けている身としては、そんな大変な時代に
自分の子育てだけじゃなく、次世代のために働いてきた人がいる、という事実は、
身の引き締まる思いです。

仕事と子育ての両立がきついときもありますが、この本を読むととにかく勇気づけられて、
ただただ元気がでます。

そして働くお母さんのパイオニアという一面だけでなく、村木さんを尊敬しているところは、
いつも穏やかで、ニコニコされていることです。

私は満員電車でギューギュー押されたりすると、ついイラッとしてしまいますが、
歳を取ると内面が顔に出てくるといいますし、穏やかさを見習いたいです。

退任のニュースの最後に、

「政治(の世界)には行きませんので、それだけは広めておいて下さい」
と笑いを誘った。

と書かれており、こういう普通の感覚とユーモアをもたれているところも好きなんですが、
逮捕時なのに、当時の舛添要一厚生労働大臣に『働く女性の星』と言われた村木さんが都知事になってくれたらなぁと思ったり。

村木さんのようなパイオニアの人たちが作ってくれた新しく細い道を、
今の私達世代が大勢で歩み続けることでその道が太くなり、
いずれ娘の世代が歩む頃には、歩きやすいメインロードになっているはずです!

なので、これを読まれている、今、子育てと仕事を両立中の方も、これから両立予定の方も、
お互い結構大変ですが、無理しすぎずに頑張りましょう!

ふと見たら、いつの間にかこちらの本も出版されていました。

楽天ブックスはこちら⇒

私としたことが読んでない!!早速購入しました。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です