どんなに気に入っているモノでも使わないならただのスペース泥棒。

Pocket

結婚当初に気に入って買ったテーブルがあります。
デザインも気に入っていて、大人数の時には広がったり機能的にも
すごく便利なんです。

スポンサーリンク
レクタングル大

引越しして間取りが変わり、日常的には使わなくなってしまいました。
来客があった場合に、クローゼットから取り出してきて使うくらいの頻度で。

でも、捨てるっていう選択肢は全然無くて、「いつか使うかも」
という気持ちがずっとありました。

この「いつか使うかも」という気持ちは本当に厄介ですよね。
「気に入っているから持っていたい」という気持ちを正当化できて、
なかなか捨てるという選択肢が出てこなくなります。

キャンプを始めて収納場所が必要になり、クローゼットの中の出し入れが
多くなってきたため、そのテーブルを見える箇所にずっと出しっぱなしに
していました。

掃除のたびに「邪魔だなぁ。」を動かしていたんですが、あるときふと、
「クローゼットに入ってるときは気づかなかったけど、こんなに
場所を取る存在だったんだ。」と気がつきました。

あれだけのスペース泥棒もクローゼットに入れてしまうとなかなか
気がつかないものですね。

収納はつい「使わないものを収納する場所」にしてしまいがちですが、
「使うものを収納する場所」にしていかないと、家がモノで溢れてしまいます。

特にわが家のような狭小住宅は、たまに使うものでもレンタルするくらい
の意識でないと厳しいのに、クローゼットにうまく収納してしまうと、
すっかり記憶から遠ざかってしまうものですね。

ということで、とても気に入っていたテーブルですが、ここは気持ちを
整理していよいよ手放す予定です。

「いつか使うかも」「気に入っている」「便利」という言葉で5年も
スペース泥棒を放置してしまいました。

今年の年末は「今現在使っている」「近い将来確実に使う予定がある」
という判断基準でもう一度家の中を見直してみようと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です