今年唯一の目標は、一汁一菜。『年収90万円で東京ハッピーライフ』

Pocket

家のプロバイダを解約して、テザリングで使っているものの、LINEモバイルに変えてから、みみっちい性格が災いして、パソコンを開く時間がかなり減っています。

これでは本末転倒だと思い、最近やっと家にも光を引く決心が付きました。

色々調べたところ、関東しか使えませんが、これがかなり早いらしい!!

ヌロ?読み方が分からないけど、1年間はかなり安いし、2年目以降も他と変わらない金額。

他に比べて速さがダントツ売りらしいことに、ダンナさんも食いついたから、

さっさと契約しました。

家電も500円で使えるようになるそうなので、家電も合わせてコチラに乗り換えます。

あれ、家電って必要なんですかねぇ。かかってくるの、親とセールスだけだし、本当はいらないんでしょうけど、書類を書く時に、「この人、40にもなって(まだだけど)、家に電話引いてないんだ…。」とか思われないかな?という気持ちだけで、契約しています。

そもそも、「電話引く」とか今の子供達に言っても、「なんで引くなの??」とか言われちゃうんでしょうね。

って話はそれましたが、そうそう、今年の目標を決めました。

今年がどうなるか全く分からないわが家。そもそも、私が不在の3ヶ月間(週末は帰宅予定)、子供達をどうするかで、色々手段を探っているくらいですから、最大の目標は「早く日常生活を送ること」です。

でも、それじゃ面白くないから(いや、面白さなくても、まず生活が落ち着けばそれでいいんですが)、最近読んだ本の影響を受けることにしました(単純)。

ずっと気になっていたんですが、図書館にも無かったから購入しました。

20代で隠居生活(週休5日)を送っている方で、東京にいるのに、すごーくお金のかからない生活を楽しんでいて、そこはかとなく、魚柄さんに似た印象を受けました。

で、この方も一汁一菜(玄米、味噌汁、漬物)を毎日1食取り入れているんです。

毎日の食事についても、詳細にかかれていて参考になりましたが、先日読んだ土井さんの本とも通じるところがあって、より一汁一菜に興味が出てきました。

関連記事⇒「食事作り、献立作りがしんどい人は必見の1冊。さすがの土井さん。

上の記事でも書きましたが、色々作ろうと思うから、料理や献立作りがしんどくなる。

でも、本来日本人の食事は、一汁一菜だったわけで、そんなに毎日名前の付いた料理を食べる必要は無いんですよね。

そして、食べすぎていることで、かなりのエネルギーが消化に使われているという現実。

作るのに時間と体力を使って、食べるのにも時間と体力を使って、消化するにも時間と体力を使う・・・、これって、大量生産大量消費と同じような仕組みな気がします。

年収90万〜の著者、大原さんはほとんど自炊していますが、自炊では肉をほとんど食べなくなったそうです(外食では気にせず食べる)。そうしたら、しょうもないこと(電車が遅れたとか、隣のおじさんが〜とか)で、怒ることがなくなったとか。

戦争とか児童虐待とかは今まで通り許せない、憤懣やるかたないから、余計なことで怒ることが無くなったというのが正しい、と書かれていました。

ダンナさん、しょっちゅう怒ってるんですよね。いろんなことに対して。

最近はだいぶ丸くなりましたが、それでもよく怒っています。

これ、肉のせいかも・・・。いや、因果関係は分からないけど。

でも、わが家は、結構食事の量も多い。一時期、一汁二菜とか目指して取り組んでましたが、気がついたら最近は元通り。

そして、在宅率の上がったダンナさんは着実に大きくなっていてます。

健康だけでなく、怒りっぽさまで治るなら、一度食習慣を見直してみてもいいのかな、と思い始めました。平日は、なるべく一汁一菜に近づける事を、今年の目標にしたいと思います。

ご飯、味噌汁、漬物だけなら、作るの30分かからないし、転職で忙しくなる前に、一汁一菜に切り替えるのが良さそうですね。

と、一汁一菜を熱く語っていますが、今日の食事はシュラスコ…。言動不一致過ぎ。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です