この統計オモシロイ!!職業別・年収別の未婚率の男女差。

Pocket

今日、通勤途中でこんな記事を読みました。

PRESIDENT Online⇒そりゃあんまりな「職業別・年収別の未婚率」

・男性は、年収が高い職業ほど未婚率が低い。
・女性は、年収が高い職業ほど未婚率が高い。

そりゃあんまりな「職業別・年収別の未婚率」より抜粋)

ということが、統計的に優位な相関関係を示しているそうです。
日本人なら、納得の結果ではないでしょうか。
記事では、
収入が多い高度専門職は、家庭生活との両立が難しいためと思われます。あと、「結婚したら家庭に入るべし」というジェンダー観が未だに根強いこともあるのでは……。
そりゃあんまりな「職業別・年収別の未婚率」より抜粋)

と推測しています。

それに加えて、私も勝手に推測すると、日本における結婚生活は、女性の負担がやたら多いせいじゃないかなぁ、と思ったりします。

「結婚したら家庭に入るべし」というジェンダー観を無視して、共働きしていても、やはりどこかで、「女性だから」というだけで、結婚生活の負担を担っている部分ってありますよね。

わが家は、夫婦ともに「家庭のことは平等に」という考え方ですが、それでも「女性だから」「母親だから」という理由で、自分も無意識に引き受けてしまっていることは多々あります。

でも、周りを見ると、私の負担なんてミジンコ程度に見えるほど、多くの負担を背負って共働きされているママさんも多くいます。

家庭のことで100やらなきゃいけないことがあるのに、ダンナさんが20しかやらない分、80頑張ってる奥さんも・・・。しかも、奥さんの方が稼ぎが良かったりして、不思議な夫婦関係もあるなぁと感じます(他人が口出しする話ではないですが)。

でも、100やらなきゃいけないことがあるなら、まずはお互い50ずつは自分の責任と思って取り組んで、プラスで5でも10でもやれれば、相手がラクになるね、というのが夫婦でいる良さなんじゃないのかな?と私は思っています。

一般的に、収入が多いほど、選択肢が広がるわけですが、その前提で考えると、男性は選択肢が広がるほど結婚を選択し、女性は選択肢が広がるほど結婚を選択しない、という結果は、今の日本の結婚生活を如実に表していて、とてもオモシロイ統計ですね。

記事の最後は、こう締めくくられています。

人生の各ステージにおいて、主たる家計支持者が柔軟にチェンジできるようになればいいですよね。こういうスタイルを普及させることも、未婚化や少子化に歯止めをかける戦略といえましょう。

社会の側にすれば、高度な教育で育て上げた女性のハイタレントを十分活用することにつながります。日本の労働生産性の低さは知られていますが、人口の半分を占める女性の社会進出が制限されていることにもよるでしょう。

回を改めてデータを示しますが、日本の高学歴女性のフルタイム就業率は世界でも最低レベルです。ただでさえ労働力が減っているのに、こんな「ムダ」をしている場合ではないのです。

そりゃあんまりな「職業別・年収別の未婚率」より抜粋)

主たる家計支持者が柔軟にチェンジできるというのは、社会にとっても、家庭にとってもリスクヘッジになりますよね。子供達の時代には、それが当たり前であるように、わが家もそういう運営をしていこうと改めて思いました。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です