還元率2%!クレジットとデビットの良いトコどりなLINE Payカードがスゴイ1


最近ニュースになっている、LINE Payカード。

色々調べるうちに、「これは便利でお得かも!」と思い、早速申し込みました。

まず、LINE Payカードってどんなものかは、公式サイトをご覧いただくのが
一番かと思いますが、一言で言うと、
『クレジットカードとデビットカードの良いとこどりカード』でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

LINE Payカードのメリット

私が「いいな」と思い、申し込みを決めた3大メリットは、こちら。

還元率2%!

これは、私がクレジットカードを使っている唯一の理由で、クレジットカードの
メリットって逆に言えば、コレしかないんですよね。海外旅行とかも行かないし。

ほとんどの支払いを、クレジットカードですると、わが家の場合、年間250万~350万です。

その2%といえば、5万~7万円、結構な金額です。

今はポイントでガソリンを入れているため、年間のガソリン代はほぼ0円と言えます。

2%は侮れません。

汎用性が高く、チャージ額以上に使えない!

プリペイド式なので、入金した額までしか使えません。

nanacoとかWAONも同じ仕組みですが、nanacoやWAONは使えるお店が、かなり限定的で、
生活費一切をまかなうことは難しいです。

その点、LINE PayカードはJCBと提携しているので、JCBのクレジットカードが
使えるお店なら、ほぼ利用できます。

ということは、クレジットカードやデビットカードのように汎用性が高く、
生活費一切を、この1枚で、まかなうことが可能です。

1枚にまとめると、ポイントも早く貯まって効率的ですし、サイフもスッキリ。

チャージ額までしか使えないので、クレジットカードのように、使いすぎることもなく、
カード請求日にドキドキせずに済みます。

デビットカードも、口座残高までしか使えないことがメリットですが
口座残高0円まで使えちゃうって、微妙ですよね。

他の引き落としを全部把握しておかないと、
「残高不足で保育料引き落とせませんでした!」とか通知来るのも切ないですし。

他の引き落としできないと困るから、口座に多めに入れておこう、ってなって、
結局「まだ口座にあるから大丈夫」と使いすぎるのも、本末転倒ですよね。

だからって、専用の口座作るのも面倒です。(←わがまま。。。)

そこで、LINE Payカードの出番!(←回し者っぽい)

チャージ額までしか使えないから、借金になることもなく、口座残高や他の引き落としを
気にする必要もありません。

リアルタイムに利用履歴が把握できる!

クレジットカードに、絶対的に、足りなかった機能は、コレなんです!
1~2ヵ月後に請求が来るから、使ったときにきちんと把握してないと、
予想以上の請求額になってしまったり。

ネットで確認することもできますが、リアルタイムには反映されてなくて、
お店によっては、数日~数週間かかることもあります。

これがイヤで、デビットカードに乗り換える方が、最近多いなぁと感じていて、
私も検討していました(結局、2%の還元率が勝ってクレジット派ですが)。

わが家も一時期、クレジットカードの請求だけで、給料日に給料が無くなる、
という事態を招いておりました。

そこで、家計管理を変えて、こういう方法を導入しています。

家計管理を変更。現金のメリット・カードのメリット、二兎追えるか?
わが家はカードメインで家計管理しています。 理由はリクルートカードプラスのポイント還元率が2%だからです。 ほとんどカード払いにして...

でも、LINE Payカードなら、こんな面倒なことも必要なし。

LINEにリアルタイムで反映されるから、家計管理の負担が、かなり軽減されると思います。

還元率2%、汎用性が高くプリペイド式、リアルタイムの利用履歴。

私が申し込みを決めた3大メリットです。
というか、これが1枚で実現されるなら、クレジットカードもデビットカードも
必要ないんじゃないか?くらいに思っています。

長くなってきたので、記事分けます。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です