11月の給料日が来たら、ふるさと納税の限度額を確認しよう!

Pocket

今日はわが家の給料日です♪

私は毎年11月の給料日が来たら、ふるさと納税の限度額を計算しています。

本当に正確な限度額は12月の給料日にならないと分かりませんが、

あと残すところ、ボーナスと12月の給料ということで、ざっくり金額を出しています。

正確な限度額を計算するには、こちらの記事を参考にしてください。

正確な限度額を知るために必要な数字は5つ!ふるさと納税駆け込み。

11月の段階ではざっくりなので、総所得金額(給料明細の総支給額)を

一年分集計して、去年の1年分とくらべて多いか少ないかを見ています。

それと同時に、昨年の住民税の明細にある「都民税(県民税)所得割額」と

「区民税(市民税)所得割額」を足して、それに上記の記事にある割合を掛けて算出しています。

たとえば、昨年の「県民税所得割額」と「市民税所得割額」の合計額が20万円だった場合(所得税率10%とする)、20万円×25.065%+2千円=52,130円になります。

この場合、今年の総所得金額が昨年より大いなら、5万円までは寄付しておくし、少ない場合は4万円程度で抑えておきます。

最終的には、12月の給料日に正確な数字を集計した方が良いですが、年末ギリギリだと受付終了している自治体もあるし、何万円も一気に寄付すると、「お礼の品が冷蔵庫に入りきらない!」という事態に陥り兼ねませんので、一旦11月に集計して寄付しておきたいところですね。
今のオススメは、こちら。

昨年のふるさと納税で、一番おいしかったお米。今年の募集が始まってます!


以前ご紹介した寒河江町のお米の募集が、再開しているので、お見逃しなく!!

【ふるさと納税】平成28年産新米60kg「清流寒河江川育ち 山形産はえぬき」(20kgずつ3回配送)

価格:30000円(税込、送料無料)


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です