一週間の献立を事前に決めるのは、やっぱり食費削減に効果ありでした。


9月11月と食費が5万円台で、10月12月は6万円超で何が違ったのか調べていたら、
5万円台の月は平日の夕食を事前に決めてスケジュールに入れていました。

平日の献立を決めてその前の週末に買出しをする、という方法が効率的のようです。
わが家の場合、oisixは金曜の夜に届くので、足りない分を週末に買い足します。

そして、1週間で冷蔵庫を空っぽにするように心がけると、5万円台がキープできるようです。
決めていた月は5.5万円、決めていない月は6万円~7万円台となると、あなどれません。

今年は最終的には5万円を切りたい!という気持ちがあります。
今月は年末年始があり、やっと通常営業なので、来週から献立決めを再開しよう
と思います。

献立を決めておくと、若干ですが時短効果もあります。
悩まなくて済むから、サクサクと作れるという面もありますが、決めていないと、
「あ、あれ作ろうかな。」「あれも作っちゃおう。」と思いつきで作り始めて結果
大量に作ってしまうことがあります。

それはそれで、家族が喜んで食べてくれるからいいんですが、そのせいで、
洗い物も増えて、食事の時間も遅くなってしまいます。

事前に決めたモノ以外は作らない、と決めておくことが私にとっては効果的なようです。

今はoisixのkit oisixを週2回ほど利用しているため、献立を決めるのは3日分くらいです。
kit oisixは本当に20分くらいで作れます。昨日のレシピは写真右の『お魚団子のトマト煮と
かぼちゃサラダ』だったんですが、包丁使わないから衝撃でした。

20160104_113640

Oisix(おいしっくす)
簡単なレシピが多いので、副菜類は1回作れば覚えられるものばかり。
なかなか新しいレシピって覚える機会が無いので、手抜きレパートリーが増えてありがたい。

子供達が以外と食べたのが、レタスにゆかりをかけるだけのサラダ。
もともと保育園のゆかりご飯が好きだったから、家にゆかりは常備してあります。

そのゆかりがまさかサラダにかかって出てきたものだから、子供達は大興奮。
「母さん!ゆかり間違えてサラダにかけてるよ~!(爆笑)」
そのお陰か、ゆかりサラダは一瞬で売り切れました。

他にも、イメージで「これは子供食べないでしょ。」と思っていたものが意外と
人気だったり、子供が好きそうなカレー系にしたら、全然食べなかったり、
kit oisixを使ってみて新たに分かったことが多くて面白いです。

kit oisixのレシピを覚える頃には、下の子も成長して少しは夕食作りに時間が掛けられる
ようになっているかな、と期待ししつつ、それまでは便利アイテムに頼って
乗り切ろうと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です