エコ洗剤で、フライパン(スキャンパン)の焦げつきも簡単にキレイに。


先日、エコ洗剤について書きました。

時短&地球とサイフにやさしいエコ洗剤。在庫管理も不要です。
1年前のわが家には、お風呂洗剤2種類、トイレ洗剤3種類、 雑巾がけ用洗剤?、レンジ周り洗剤2種類、洗濯洗剤2種類、 食器洗い用洗剤、食洗機用...

その具体的な活用例です。

フライパンが焦げついてしまって、キレイにならないときは、
重曹+クエン酸水が効果的。

20160509_113030

結構な焦げつき具合です。

ここに重曹を粉のまま、振りかけます。

20160509_113201

重曹は臭いを取る効果があるので、冷蔵庫の中やトイレに消臭剤として
置いています。

消臭剤としては1月位で効果が落ちてくるため、消臭剤としての役目を終えた
重曹を、焦げ取りに再利用しています。

写真のように、まんべんなく全体に振りかけます。

20160509_114331

そこにクエン酸水(クエン酸を溶いた水、約100ccの水に対して約5gのクエン酸)を
スプレーでシュッシュとかけます。

すると、シュワ~と『化学反応起こってます』的な状態になって、面白いです。

で、しばらく放置。

そのうちシュワシュワ感が落ち着いてくるから、要らない布やスポンジでこすります。

20160509_115129

この作業がとっても楽しいです!!

焦げつきが一気に取れていく感じで、布がガッツリ汚れます。

重曹粉が研磨剤代わりになっているから、普通の布でこするだけで大丈夫。

重曹も汚れが写って汚くなります。

そんなに力いっぱい擦らなくても、キレイに落ちてくれます。

20160509_115253

焦げつきが取れてスッキリ。

実は私は、エコ洗剤に切り替えるまで、この方法知らなかったんです。

でも、結構有名(一般的)な方法みたいですね。

上のフライパン、結構、傷だらけです。理由は、以前たくさん人が集まった時に、
餃子を焼こうということになり、大量に餃子を焼いたんです。

途中で案の定、焦げつきまして。

この方法を知らなかったから、色々ゴシゴシしていたんです。

そこへ、一人の方(男性)が「やりますよ!」と、ガシガシ焦げつきを
取ってくれました。途中から、スプーンに持ち替えて…。

結果、焦げつきも取れたんですが、ガッツリ、フライパンの表面もやられてしまい…。

その時は、「急いで餃子焼かないと!」という気持ちであまり気にしてませんでしたが、
その後ゆっくり見てみたら、結構な傷でがっかり。

スキャンパンはチタンでできているから丈夫で、金属製のフライ返しとか使っても問題なく、
10年保証が付いているくらいなんですが、さすがにスプーンでガシガシ!!やったら、
傷が付いてしまいます。

でも、使用に関しては特に問題なしなので、このまま後6年は使う予定です。

定期的に、重曹+クエン酸で、焦げつきをキレイにして、使いやすい状態を
保っておくことも、調理のストレスを軽減させ、時短につながると思っています。

スキャンパン(SCANPAN)を使い始めてもうすぐ4年
以前はホームセンターで売っている安いフッ素加工のフライパンやマーブルコーティング を使っていましたが、子どもが生まれたのをきっかけに、スキャ...

わが家で使っているフライパンはこの2つです。
Amazon⇒

楽天⇒スキャンパン Classicシリーズ ソテーパン 28cm(蓋付)

Amazon⇒

楽天⇒スキャンパン Classicシリーズ ソテーパン 20cm(蓋付)


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です