冬の授乳は寒さとの戦い。ユニクロのブラトップが地味に良い仕事。

Pocket

だんだんと寒くなってきましたね。寒い夜の授乳は堪えます。歳のせいでしょうか。
添い乳しかしませんが、それでも心が折れそうになるときも。

スポンサーリンク
レクタングル大

一人目のときは、まじめに(?)パジャマの前を開けて授乳していたので、
寒くておなかが冷えちゃって大変でした。

そんなとき、姉から進められたのが、ユニクロブラトップのタンクトップです。

何が地味に良いかというと、襟口から授乳できること。そうすると、肌の露出が
最低限に抑えられます。おなかなんて全く冷えないし。

慣れるまでは襟口から授乳するのに抵抗がありましたけど、慣れてしまえば
グイッと出せます。

今はトレーナーみたいなのを着ているので、それを下からまくり上げて、
タンクトップの襟口から乳を出して授乳しています。
こうやって添い乳すると、寒さが全然違います。

添い乳中は、下になっている腕を肩から全部枕の下に入れてると腕の寒さも防げます。

ちなみに、上になっている足の膝で、赤ちゃんのお尻~太もも裏辺りを押さえれば、
そのまま寝ちゃうことも可能です。というか、ほとんど寝ちゃいます。

気がついたら、授乳終わっていることもしばしば。

このタンクトップを使い始めてから、ほとんどの期間、授乳期間中か妊娠期間中
だったので、もう普通の下着に戻せるか心配なくらい愛用しています。

ユニクロのサイトを見たら、ママにもって書いてありましたが、マタニティ
用品として母乳パッドとかと一緒にアカチャンホンポとかでも取り扱ったら
いいのにと思います(←余計なお世話)。

あとどれくらい授乳生活が続くか分かりませんが、冬が一番つらいので、
何とか快適に夜の授乳を乗り切る方法をこれからも考えていこうと思っています。

このつらい思いも、過ぎてしまえば、懐かしい思い出になるんでしょうか。
早くそんなときが来て欲しいような、そうなったらなったで寂しいような。

3人目できっと終わりだろうなぁという思いがあるからか、三女の成長は
嬉しい半面、とっても切ない気持ちになります。

やっと赤ちゃんの行動が分かってきて、なんとなく意思の疎通がうまくできるように
なってきたのに、もう赤ちゃんを育てるスキルを使うこともないんでしょうね。

寂しいばかりですが、今の子どもたちの成長をしっかりと感じていくしかないですね。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です