今月から手取り5万円減。それでも15分早く帰れるのはうれしい。

Pocket

とうとう、時短勤務が始まりました。
今まで育児時間の1時間だけの取得でしたので、今月から給料が減ります。

給料が減るから、7時間勤務にするか6.5時間勤務にするか、悩みに悩みました。

悩んだ結果、6.5時間勤務を選んだわけですが、それによって育児時間だったときより、
15分早く帰れます。

15分は会社に居たら一瞬で過ぎる時間ですが、家に早く着けるのは、
やっぱり余裕が出ますね。

特に冬は明るいうちに帰れるのもうれしいです。

って、今はまだ給与明細見てないから、いいことしか書けないんですけど、
明細見たら凹むんだろうな、と思っています。

同じ仕事こなしても、早く帰るってだけで5万円も引かれちゃうのは、
誰でも凹みますよね。

それに電車の乗り継ぎが悪くて、家に着くのは10分も変わらず、
7時間といまだに迷ったりしています。

日本の社会の制度がそうやってできているんだから、仕方ないって言えば
仕方ないんですけど、在席時間だけが基準になるとどうしても共働きの人は
男性も女性も不利なのは間違いないです。

このことも考え始めると、きりがないし、モヤモヤから抜け出せなくなるから、
私は私のやるべきことに注力して、子育てに家事に仕事に勉強に目の前のことを
一つずつやるしかないんですよね。

そして、いつでも自由になれる選択肢を増やしておくことが大切なんだろうな、
と最近はつくづく感じています。

今の仕事は好きだし、仕事が気持ちをリセットしてくれてるところもあるから、
今すぐに何かを変えたいという気持ちはありませんが、選択肢を増やすことは、
こだわりを捨てるということにも、つながるんじゃないかと思います。

そのとき、そのときで自分が生きたいと思う暮らしを選択できれば、
それが一番の贅沢なのかもしれませんね。

10年前の自分が今の私を想像できなかったのと同じように、10年後の自分を
今の私は想像なんてできないんですから。

漠然と思っていた、自分の仕事を持って、子供を3人以上授かりたいという希望が、
ありがたいことに叶った今、次はどういう生き方、暮らし方がしたいのか、
ということを考えていく段階に入ったのかも知れないと思っています。

40歳が見えてきた今、子供達とどう接していくのか、どういうお母さんになりたいのか、
どういう暮らしを子供達と共有したいのか、どういう夫婦になりたいのか、
もう少し時間をかけて考えていきたいと思います。

時短勤務を選んだことが、改めて考える良いきっかけになった気がします。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です