価値観の違う人にイライラするより、大切な人のために思考を使う。


以前から「う~ん。」と思っている人がいるんですが、なるべく接点を
持たないようにしています。

私が好きじゃないから、間違いなく向こうも私を好きじゃないとは思うんですが、
接点がなければ、特にいやな気持ちは発生しません。

ただ、「関わりたくないなぁ」とは常に思っていますが。

それなのに、久しぶりに接点が出てきちゃったんです。
まぁ、私がもっと気をつけていれば、その接点も無くて済んだんですけど。

その接点により、私も(たぶん)相手もいやな感情が再び発生してきている気がします。

以前だったら、この気持ちが悶々と続くことになって、仕事中も通勤中も家でも、
ふとした時に思い出して、いやな気持ちになる、というスパイラルだったと思います。

でも、今の私は時間がない!
ゆっくりぐっすり眠る時間も無いのに、苦手な人に割いてる時間なんてないわけです。

ということは、何とかしてこの気持ちを消化させないといけないわけで。
今、消化させるためにはどうしたらいいかなと考えている時間ももったいないなぁ、と
思っているくらいなので、答えは簡単だったんですよね。

私は私のすべきことを1つずつやる。

コレしかないって数年前の私に教えてあげたいくらいです。

私の人生に大きく関わってくる人でもないのに、その人がどう発言したって、
どう行動したって、私が人生が変わることなんて何も起こらないと思うんです。

価値観が違っても尊敬できるとか、話し合って分かり合いたいとか思える人だったら、
何か私も行動を起こし、考え方を変える必要があるかもしれません。

そうじゃないなら、まったく気にする必要はなくて、私は私の周りにいる大切な人たちの
ことを考えて、その人たちのためにできることと自分の人生のために、自分の時間と思考を
使うべきなんだな、と思います。

数年前だったら、2週間は気にしていたであろうことが起きましたが、
1時間で解決して気持ちを切り替えられたので、子育てを通じて切り替えスキルが
身についたのかもしれません。

というか、みんなこうやって大人になってて、私が遅かっただけなのかも。

そう考えたら、エレベータのボタンの前に立ってるのに、全然ボタン操作しない
年配男性にもイライラせずに済むかもしれません。

乗り降りする人がドアに挟まれたりしてても、『開』ボタンを押さない人がいると、
どうしてもイライラしちゃうんですよね。

毎日、心穏やかに過ごしたいものです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です