1年悩んで医療保険を解約しました。がん保険はどうする?

Pocket

結婚してすぐに保険の見直しをしました。
その時は、貯蓄も無いし、保険は入るものという思い込みが強かったため、
60歳払済みの終身医療保険と同じく60歳払済みの終身がん保険に加入。

すでに10年間払っています(これがかなりネックでした)。

内容も最低限にしてあるため、夫婦2人でも年間16万円程度です。
ということは、160万円位既に払い込んでいて、後350万円以上
払い込む必要があります。

もちろん、今のところ1度も使ったことはありません。
「ここまで払ってきた160万円がやめたらパァになるのか。」
という気持ちが1年間悩んだ原因です。

でも、高額医療費制度もあるし、60歳過ぎてからも病気になって入院したからって
毎日5,000円欲しいか、って言われると微妙ですよね。
そもそも、20年後の5,000円ってどれくらいの価値なのかも不明ですし。

そのために、後350万円払い込むのはどうなんだろう?

と、1年間悩んでいたのですが、山崎元さんの本を読んだ後だったこと、
ちょうど年払の引き落としがあったことでやめる決意をしました。

正確には年払の引き落としの額を見てから決めたため、解約の問い合わせをしたところ、
「そのころに契約した保険は年払を選択していると、月割りで返金はありません。」
との回答。

え~!!すっかり月割りで戻ってくるものだと思っていたから、
16万円ドブに捨てた感がドッと押し寄せてきました。

ただ、その後に医療保険のほうは更新手続きが来週だから、即日書類を
送ってくれれば引き落としたお金を返せるかも、と。

慌てて資料を揃えて送りましたが、今のところまだ解約できたのかは不明です。
医療保険だけでも6万ちょっとあるから、返金があったら嬉しいです。

がん保険は1年分引き落とされてしまったので、また悩む期間が
1年延びてしまいました。

がんは2人に1人はなるっていうし、医療費がかかりそうなイメージも強いです。
高額医療費制度の改正もあったから、将来的に高額医療費制度が続くのかも
不安なところですよね。

あと1年かけて、がん保険の必要性を検討しようと思いますが、
将来のことは誰にも分からないだけに、難しい選択です。

ただ、すべての不安に保険をかけることは出来ませんから、ある程度の
割り切りが必要なのかもしれません。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です