赤ちゃんがなかなか寝てくれないときのストレス、どうしてますか?


三女はもうすぐ10ヶ月ですが、まだ昼と夜の境目が曖昧なようで、
真夜中に起きて遊びだしたり、寝かしつけのときになかなか寝なかったり
することがあります。

スポンサーリンク
レクタングル大

昨日もタイミングが悪かったのか、いつもの寝る時間のちょっと前に
寝てしまいました。そして、寝かしつけの時間に目が覚めてしまい、
ミルクあげてもダメ、添い乳してもダメ、トントンしてもダメ、
何をやっても笑顔で起き上がってくる始末。

今日は家事も終わったし、子供達と一緒に寝ちゃおう♪なんて
と思っていただけに、この絶望感たら・・・。

そんなとき、こちらとしては「明日も仕事だから勘弁して~!!」
絶叫したくなりますが、そんなこと言っても寝てくれないので、
ひたすら付き合って起きていることになります(半寝ですけどね)

眠いのに、用事もないのに、寝かせてもらえない状態って相当な
ストレスが襲い掛かってきますよね。

ため息も出るし、イライラするし、この不毛な時間が永遠に続くんじゃないかと
漆黒の闇に落ちた気分になります。

でも、そんな気持ちでいても何も事態は改善しないし、ストレスが
どんどん溜まるだけ。

それなら、状況は変わらなくても、ストレスを溜めるだけは防げごう、
と最近は試行錯誤しています。

終わらない添い乳にイライラし始めたら、「授乳している」という事実だけを意識します。
「今、私は授乳している。この子に栄養を与えてる。」ただそれだけに集中すると、
「家事が溜まってるから早く終われ~」なんて思わずに済みます。

夜中に子どもが起きあがって遊び始めてしまったら、暗い寝室でほぼ意味がないと思われる
トントンをしながら、お姉ちゃん達の寝ている姿を見て「後2年もしたら、こんなにぐっすり寝てくれるじゃない。今だけ、今だけ。」と自分に言い聞かせたりしています。

私の場合は、「この状況がいつまで続くか分からない」という状態が大きなストレスなので、「ここまで耐えれば絶対終わる」という終わりを想定することが多いです。

たとえば、「赤ちゃんだから絶対に今から10時間以内に寝るはず!」とか思うと、
実際は10時間も起きてませんが、「10時間かぁ、10時間なら耐えられそう。」
と前向きになれます。

泣いている時もそうですよね。「この大泣きは永遠に続くんじゃないか?」なんて
思う程の泣き方のときもありますが、現実的には6時間も泣き続けないので、
「よし!今日は6時間でも付き合おう!」と思うと気が楽になったりします。

それでも、「ああ、しんどい」と思うことはままあります。

それも子どもが小さいうちだけ」と思えば、なんだか少し切なくなったり。

この毎日大騒ぎしている『小さい人達』はあと10~15年もしたら私と変わらない
『大きな人達』になってしまうんですよね。ちっちゃくて、動きまくってる人たちが
居ないわが家はまだまだ想像できませんが、そう考えると、子どもとの大変なことも
全てひっくるめて、かけがえないものに感じます。

『今は一生続かない』そう意識するだけで、しんどいことも見え方が変わったりします。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です