住宅の購入vs賃貸でコレだけは購入が圧倒的に有利だと思う点

Pocket

住宅は購入と賃貸どっちがお得?有利?という比較は色々なところで目にしますが、
長い目で見ると金額的にはどちらも変わらないから、個人の状況に合わせて判断しましょう、
という結論が多いと感じています。

なんだかんだ書いてあって最後まで読むと、結局そういうオチ(結論)の確立はかなり高い。

そりゃそうですよね。

車だって旅行先だって進学塾だって、
すべては個人の状況に合わせて判断するしかないわけですから。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入してみて気がついたこと

わが家は結婚後7年間賃貸ののち、購入して3年が経ちます。

購入の絶対的なメリットは、

「家を買おうか悩む時間が無くなる。」ことです。

それだけ?と思いますよね。

でも、賃貸の頃は、ずっと賃貸でいこうと決めたはずなのに、
物件の更新や子どもが泣いたり騒いだときなど、ことあるごとに
「やっぱり家を買おうかな」と考えていました。

そこからなんとなくネットで物件を見始め、そのうち「購入vs賃貸」記事を読んだりして、「やっぱり賃貸で」という結論に行き着くんですが、また気がついたら物件見てたり。

賃貸期間では3回引越したので、そのたびに物件を見たり、引越し業者に見積もり取ったり。
引っ越したら引っ越したでカーテン買ったり、挨拶周りしたり。

その時は必要な作業だから何も気にしていませんでしたが、
住宅を購入したことにより、そういった諸々の作業から開放されて、やっと気がつきました。

『相当な時間をつぎ込んでいた』と。

この3年間で、物件を見に行ったり、ネットで検索したり、不動産屋さんとやり取りしたり、という作業が一切無いんです。
あんなにSUMO見まくっていた私ですが、住宅を購入してから、これらに使った時間は0分といっても過言ではありません。

これは結構な時間の節約になっています。

今の家を買うとき、1歳児の長女を連れて物件を見て回ってましたが、本当に大変でした。

もし、あのとき購入せずに賃貸を続けていたら、きっと今でも更新時期なんかに新しい物件を探していたと思います。

乳幼児3人を連れて物件を見て回ることに、貴重な休日を使っていたら、
それだけで結構なストレスだったと思います。

実際、私だけでなく、『転勤族や引越し好き、強い意志を持って賃貸を選択している人』以外は、人生のうちに何度も住宅購入を考えるのではないでしょうか。
わが家の場合は、これといった理由なく賃貸を選択していて、後付け的に「賃貸の方が身軽だから賃貸派」という程度でした。

賃貸は自由度が高くメリットも多いですが、それが悩みを生み出す原因にもなります。

購入は高い買い物したからには、そうそう身軽に動けなくなります。
でも、選択肢がなくなる分、迷わないというメリットがあります。

私にとっては子育てで時間を取られるこの時期だからこそ、住居に関して考えたり探したりする時間が無くなったのは、とても大きな時短になりました。

結局私は、「一生賃貸で」という強い意志を、あと50年前後持ち続ける自信がありませんでした。だからこそ、購入してしまって迷わなくなったというメリットは大きいです。

すでに強い意志を持って賃貸を選んでいる人であれば、賃貸を続けていても迷いが生じる隙がないでしょう。その場合には、住宅検討にかかっている時間なんてほとんどなく、こんなことメリットではないかもしれませんね。

ということで、結局、この記事も「個人の状況に合わせて判断しましょう。」というベタな締めくくりです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です