子供と家事をシェアするステキな未来への第一歩!念願のホウキを購入。


まだ子供が居ない頃に見たテレビで、男の子3兄弟のお母さんが

「お手伝いは4歳からさせています。」と言っていたのが印象に残っていて、

常々、「わが家もそろそろお手伝いさせなくては!」と思っていました。

子供達も家事に興味はあるものの、つい、忙しいと「お手伝いする~」に

「後でお願いね~」(←一番ダメな回答)と答えてしまうことも多く・・・。

先日のアズマカナコさんの書籍を読んだことと、長女の「保育園では、

ホウキで先生のお手伝いしてるの~。うちにもホウキがあれば、お手伝いできるのに~。」

の発言で、以前から気になっていた、ホウキを購入しました。

このホウキ、3年くらい前から、ずっと欲しいと思いつつ、

「まだ掃除機が使えるうちは、物が増えるだけだし。」「ホウキ生活にしてみて、

続かなかったら1万円は痛いなぁ」と躊躇していました。

でも、3年経っても、欲しいという気持ちに変わりがないなら、買うべきと判断しました。

張り切ってセット購入。

ここで1本だけを購入できないところが、まだまだミニマリストになれない要因です。

でも、大きいホウキで、ダンナサンにもホウキのよさを知って欲しいし、

長女次女には、小さいホウキが必要だし、何より、このチリトリがすばらしい。

ホウキ生活に踏み切れずにいた、一番の理由は、チリトリに発生する静電気!!!

チリトリがゆがんでて、小さいゴミがチリトリに入らないのも、イライラしますが、

やっと入れたゴミが、静電気でチリトリから離れないときのイライラったら、

発狂レベルです。

でも、そんな心配はもう要らないはず!!

この渋柿を表面に塗った和紙でできたちりとり。やわらかさがあるから、

床にぴったりと接してゴミが入れやすく、なおかつ、静電気が発生しない!!らしいです。

まだ、長く使ってないから、確定的なこといえなくてスミマセン。

ホウキが届いたので、早速、長女を階段係に任命。

わが家のリビングは2階にあるので、毎日通るから、階段のホコリはとっても気になります。
リビングはルンバ君が頑張ってくれていますが、階段はさすがにムリ。

ということで、毎日階段の掃除をして貰おうと思います。

今はホウキも新しいし、「階段係」という名前で、テンション高めに

やってくれていますが、これがどこまで続くか。

褒めて感謝して、長女が「自分の仕事」と認識して習慣化するまでは、

忍耐強く教えていくしかないですよね。

この忍耐強く教えるってことが、何よりも難しいことですが、

子供達が率先して家事をやってくれる夢のような未来のために、

頑張ろうと思います(夢で終わる可能性も高いですが・・・)。

これこそ、未来への投資!!

これからも、ワクワクすることへ、時間とお金を投資していきたいと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です