年度初めの保護者会。委員4つで、濃密な1年になりそうです。


ここ数日で、長女の保育園と、次女三女の保育園の保護者会が立て続けにありました。

4月の保護者会は、何といっても役員・委員決めですよね。

長女の保育園は、色々な行事ごとに委員があるため、事前にアンケートを取り、
ある程度は保護者会前に決まります。

年長クラスということもあり、他の学年以上に委員の数が必要なのですが、
私も後1年だから恩返ししたい気持ちもあり、出来る限り可能の回答で提出しました。

ただ、やっぱり、あまり負担が無い内容は人気があり、負担の大きい委員は、
なかなか立候補がありません。

今回も負担大の委員は立候補者がいなかったため、個別でオファーとなりました。

役員や委員ってやってみると、実際はタメになったり、良い出会いがあったり、
意外と楽しいと個人的には思っているので、複数はきついかな、と思ったものの、
最後だし、依頼のあったものはすべてやることにしました。

その代わり、立候補者の多かったものは、外していただいたので、長女の保育園では、
合計3つの委員をやることに。

長女の保育園の委員が複数なのと、去年は次女三女の保育園の役員をやっていたので、
今年は何も当たらないと良いなと思って、次女三女の懇談会に行きました。

二人いるので、ダンナサンと手分けして、それぞれのクラスへ。

別れる前に、「去年やったから、出来れば今年はやりたくないけど、
最悪誰も居なかったら、○○委員なら受けても良いよ。✖✖委員は避けてね。」

と、念を押したにも関わらず…。(←もう、読めますよね。)

終了後合流したら、

ダンナサン「✖✖委員になった。」

私「???え?なんで???」

ダンナサン「誰も立候補しないから、手をあげたら✖✖委員だった。」

ダンナサンと一緒に保護者会に出席していた長女だ一言。

「父さん、何も分かってないのに、適当に手をあげちゃうんだもん。」

(最近、長女がしっかりしてきて、私に分かりやすく状況説明してくれます。)

立候補が居なかったらくじ引きです、って事前説明があったにも関わらず、
「やらないで」って念を押した方の委員に自ら立候補してくるダンナサン。

ということで、今年は計4つの委員をやらせていただくことになりました。

濃密な一年を過ごせそうな予感です。

でも、せっかくやるなら、大変なことも楽しんで、良い出会いがあると良いなと
前向きに取り組もうと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です