10年勤めた会社を辞めました!!今日から引きこもり生活満喫予定。


退職前の怒涛の2週間をなんとか乗り切り、先週末会社を辞めました(正確には、今日から有給消化がしばらくあります)。

この2週間で、なんども、「小さいお子さん3人抱えて転職なんて、スゴイですね。」と言われました。確かに、私も逆の立場だったら、そう言っていたかもしれません。

でも、転職してみて思ったのは、転職するだけであれば、子持ちであることはそれほどネックにはならないんじゃないか?ということです。(その後の生活が成り立つかどうかは、やってみないとなんとも・・。)

「子持ちはすぐ休む」とか思われがちですが、子供の熱で休むのも、本人の二日酔いで休むのも同じ休み。採用の段階で、「子持ち=休みがちで使えない」なんて価値観の会社は、そもそも子持ちじゃなくても、働きにくい会社だから、採用されなくてラッキーなんですよね。

子持ちってだけで落とす会社は、たぶんその程度だから、次に行きましょう。

そういう会社が3社くらい続いたら、心が折れかかるかもしれませんが、大丈夫、今は人材不足で売り手市場です。

諦めずに受け続けたら、必ず「子持ち」のメリットに気がついてる会社に出会えるはず。

子持ちは、定時で帰るために、仕事の効率が上がってると思うし、マルチタスク能力は、出産前とは比べ物にならないほどです。「子持ちでも仕事したい!」という人は、仕事に対するモチベーションも高めだと思いますし、子持ちを雇うメリットって結構あると思います。

なんでこんなことを書いているのかというと、退職の連絡を取引先等にした際に、同じように小さな子どもを抱えて働いている方々に、何度か同じような事を言われたからです。

「本当はもっと◯◯な会社に転職したいんですが、子供が小さいから、転職活動自体諦めてるんですよね。」って(◯◯は、家に近いとか、残業がないとか様々)。

その気持ちが痛いほど分かるし、1年前の私も同じように思っていたから、ここは声を大にして言いたいところ。

「転職するかしないかは置いといて、転職活動自体はやってみないと分からない。」

採用試験に落ちても、何も生活は変わりません。今の会社をクビになるわけでもないし、何かを失うわけでもない。ちょっとプライドが傷つくくらい。

そう思ったら、「ちょっとやってみようかな〜」という気持ちになりますよね。

もし受かったら、その時点で転職するかどうかを考えても遅くないです。だから、転職活動自体を諦めずに、とりあえずやってみるのがいいと思います。

子育てと仕事の両立でいっぱいいっぱいだから、転職活動する余裕なんてない!とは思いますが、その1歩を将来の自分が感謝しているかもしれません。

目の前のその家事をしたら、明日の自分がラクになるかもしれないけど、その家事をサボって、履歴書1枚書いたら、10年後の自分がラクになるかもしれません。

(おまけ)

「今日から出勤しなくていいのか〜」と思ったら、さっそく一日目から保育園に遅刻。

どうして休みだと、いつもと同じ時間に起きてるのに、結局遅刻ギリギリになっちゃうんでしょうね。保育園あるある??

朝の延長保育をお願いしているから、いつもは8時に登園してるんです。保育園自体の登園時間は9時。いつも通りに起きたら、1時間は余裕があるはずなんですよね。それなのに、9時に間に合わないっていう怪奇現象。私の周りでは、結構頻繁に起こっている七不思議の一つです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. ありのままこ より:

    その怪奇現象、あるあるです!
    我が家でも頻繁に起こります。
    朝、何時に起きてもいっつも時間ギリギリとか。

    saiさん、お疲れ様でした。充電期間に突入ですね。
    私のまわりにも、転職を考えてるお母さん、何人かいます。
    初めの一歩さえ踏み出してしまえば、あとは流れに乗っていけるのでしょうか。
    それでもその初めの「一歩」を踏み出す行動力と決断力はやはりすごいな、と思ってしまいます。
    私も長女の入学まであと1年、働き方をいろいろと模索してみます。

    • sai より:

      コメントありがとうございます!
      やっぱり、ありますか?というか、しょっちゅうありますよね。
      今日もわが家はギリギリでした。

      1から100より、0から1が一番たいへんとは言いますが、
      やはり最初の一歩は、思い切りが必要ですよね。

      私も好奇心だけで一歩を踏み出したので、この一歩が
      どんな未来を生み出すのか不安でいっぱいです。

      働き方、日本の母にはまだまだ問題が山積みですが、
      明るい未来が待っていると信じて、日々全力疾走しかないんでしょうね〜
      お互いがんばりましょうね!!

  2. zuboracco より:

    10年間、お疲れ様でした!

    実は、兄弟別園のシミュレーションが自分の中でハードすぎて、私も転職活動を始めました。
    世間一般では育休から復帰しないで転職って非常識という声があることは承知していますが、二人の子どもを抱えての両立生活で、長時間移動があるのは、本当にツライと感じています。
    良い会社と出会えるか、そもそも育休明けで採用してもらえるか、そのあたりはご縁なので何ともいえませんが、まずは3月いっぱい頑張ってみようと思っています。
    頑張ってダメだったら、職場復帰してもいいですしね。
    そんな状況だったので、今回の内容は本当に励みになりました。

    新しい職場でのお仕事、楽しみですね~
    まずはゆっくり充電してくださいね。

    • sai より:

      コメントありがとうございます!!
      あのシュミレーションは、かなりハードで心折れますよ〜
      子育てと仕事って本当に、人間として普通のことなのに、
      両立しようとしたら、こんなにも大変になる日本って不思議な国ですよね。

      いろんなことがありますが、いい会社とのご縁があると良いですね!!
      応援しています!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です