あけましておめでとうございます。2017年。

Pocket

やっと2016年と平成28年を間違わずに、スラスラかけるようになったのに、

またもや、17年と29年に戸惑う数ヶ月が始まりましたね。

本年もよろしくお願いいたします。

わが家の年末年始は、あまりいつもと変わりなく、大きな予定はないものの、

小さな予定がびっしりの慌ただしい年末年始でした。

スポンサーリンク
レクタングル大

お正月は本屋さんに家族で行く

子供達も大きくなってきたから、何か「お正月といえばコレ!」というものを作りたくなり、

今年は本屋さんに行ってきました。

子供達には、本好きになってほしいなと思うことと、図書館ばかりでなく、

「本を手にとって、迷いながら買う1冊を選ぶ」という行為も覚えてほしいなと思い、

大きな本屋さんに行きました。

「お正月は、家族それぞれが好きな本を買う」

なかなか本屋さんで本を買うことが少なくなっているので、お正月くらいは、

本屋さんで家族それぞれが好きな本を買う、というのもいいかな?と思いつきました。

思いついたら、早速やってみたくなり、昨日行ってきましたが、

初売りと重なり、人混みの多さに疲れ果て・・・。

混雑するお店で、品物を選びながら、子供達をみるって、やっぱり体力いりますね。

しかも、次女と三女はそれぞれ好きなところに行ってしまうから、

もう久しぶりにアワアワしました。

結局、本を買わない次女

長女は、お店に着く前に買う本を決めていて、安心していたんですが、

次女は案の定、オモチャっぽいコーナーに引き寄せられて行きました。

「この本どう??」とか「これオモシロそう!!」とか誘導しても、

全く本を買う気のない次女。

結局、本を買わせたい親と、オモチャを買いたい次女の気持ちが一致した、

絵本っぽい「カルタ」を購入しました。

三女は定番のアンパンマン。音が鳴るオモチャから、なんとかシールブックへ

変更させることはできましたが、その交渉も長かった・・・。

結局自分のモノは雑な感じで選ぶことに。

人混みと、次女三女とのやり取りで、すっかり疲弊し、自分の本を選ぶ時には、

もうかなり雑な感じになっていました。

奥まで本を見に行きたかったのに、なぜか通路から中には入ってくれない三女がいたため、

通路にあった「文庫本ランキング」から選ぶことに。

でも、文庫本になるってことは、おもしろいってことだし、と自分の心と折り合いをつけて、

3分くらいで選びました。

子供たちがギャーギャーなっても動じない夫

夫はと言うと、きっちり自分がほしい本が買いたいタイプ。

家計で買うとなったら、きっと文庫本とかにはしてくれないんだろうな〜

とは思っていましたが・・・。

子供達に追い立てられるように、文庫本を選んだ後、子供達を遊ばせながら待ってても、

いっこうに戻ってこない夫。

そのうち、イヤイヤ期まっさかりの三女のお腹が空き始めてしまい、

ギャーギャーなっても、まだ選び続ける夫。

以前の私だったら、もう限界で「もう諦めてAmazonで!!」と言ってるところですが…。

長女のマイペースさ健在

やっと夫の本が決まり、会計を済ませて、「これで、お昼ごはん食べられる!!」

と思ったら、最初に本を買って、みんなを待つ間にそれを読んでいた長女が、

「読み終わっちゃった…。」と。

ほとんど主張しない長女なので、そこでスルーして「そっか、でももうお昼だから、

お昼ごはん食べに行こう!」といえば、「そうだね!」と言ってくれるとは思ったんですが、

「きっと読み終わっちゃったから、もう1冊買いたいってことなんだろうな〜」と思い、

「そっか、じゃもう1冊買う?」と聞くと、満面の笑みで「いいの!!?」と。

そんなに喜んでくれて良かった〜!と思う反面、そこからの2冊目選びが長いこと長いこと。

飽きてる次女と三女を、他人の迷惑にならない状態にしておくことだけに、

全神経を集中して待っていたんですが、なかなか決まらない。

夫も棚の一番上から本を出したり、色々提案したり、色々やっているようでしたが、

なかなか決めきれない長女。

こういう時って本当に正確出ますよね。

大変だったけど、来年も「お正月は本屋さん」で。

なんとか長女の本も追加で購入し、混み合うレストラン街で食事もして、

その後、夫の靴とズボンを買いに、結構な人混みを歩いてデパートに行くという、

子連れ買い物にありがちな、体力の消耗が激しい一日でした。

かなりグッタリはしましたが、それでも、有意義な時間を過ごすことができた気がするので、

来年もお正月は本屋さんに行きたいです。

いくつまで親と一緒にお正月を過ごしてくれるかは分かりませんが、

家族全員が揃って、恒例のなにかがあると、大人になった時に、なんとなく思い出して

くれるんじゃないかな〜と期待もしつつ。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です