意外と多い朝4時起きしている子持ち共働き家庭。今年こそ仲間入り。

Pocket

共働きの友人には「いつも何時に起きてる?」という質問をすることが多いです。

理由は私自身が朝が弱くて、朝活しようと目覚ましをかけても「外もこんなに暗いのに、
起きてる人なんて築地の人くらいでしょ。」と言い訳して二度寝してしまうからです。

友達とか具体的な人が起きているイメージが持てれば、「〇〇さんも起きてるし」的な
気持ちで頑張れるかなと。

それと単純に、どういう一日で忙しい毎日を乗り切っているのか、時間管理を参考に
させて欲しいと思って聞いています。

そんな私の周辺調べでは、4時起きしている家庭が結構あります。

やっぱり朝が一番自分の時間として使える、という意見が圧倒的です。
夜は子供と一緒に寝て、4時起きで夕食作り、掃除、仕事、筋トレっていう人もいました。

みんな朝から頑張っていますよね。
確かに朝は起きるまでがしんどいですが、起きてしまえば夜早く寝てる分スッキリします。

オシリが決まってるから、早めにやることを終わらせようという気にもなりますし、
いいこと尽くめですよね。

ただ、これだけ良さを分かっているのに、なかなか起きられない。
冬の朝の布団の威力ったら相当ですよね。

その上、今はまだ授乳中の三女がいるので、これがなかなかの強敵。

目覚ましの音に反応して泣き出すから、すかさず添い乳するんですけど、
添い乳したら最後、気がついたら寝てます。

「はっ!」と気がついて「まだ5時だから、今度こそ起きよう」と思って布団を抜け出そうと
すると、それを察知するのか、またグズグズ言い出すんですよね。

で、添い乳⇒二度寝⇒「はっ!」⇒添い乳⇒二度寝・・・のスパイラルにはまって、
朝が来てしまうという。気がついたら朝だったという敗北感、長女のときから数えたら、
100回は味わってますね。

今年から勉強を再開することもあって、いよいよ真剣に早起きしようと思っています。

年末に会った友達も「4時に起きて夕食の準備と掃除してるよ。」と言っていました。
朝の掃除とか清清しくて、あこがれます。

やっぱり早起きして時間を生み出してるんですよね。
「〇〇も起きてるから!」と思って、今週は何とか5時過ぎくらいには起きています。

添い乳からの二度寝を防止するために、上体を起こして添い乳するようにしたら、
何とか負のスパイラルに陥らずに済みましたが、これは疲労度によるかもしれません。

それでも三女は40分くらいで起きてしまいますが、朝は機嫌がいいこともあって、
夕食を作る横で一人で遊んでいてくれました。

夕食が出来ていると心の余裕が違いますね。
これで15分でも掃除したら、毎日の充実感が変わってきそうと感じています。

まずは早寝早起きの習慣を身につけていこうと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です