わが家の学資保険は3種類。保険は損だと分かっていても…。


個人的には、保険は出来るだけ入るべきではないと思っています。

「もしものときに安心」という言葉で、「入らないよりは入った方がいいかな。」
とついつい加入してしまう保険ですが、保険に入ったほうがいい人は限定的で、
ほとんどの人は必要ないと思います。

それでも、「何も入らないのは心配」となるのが日本人なので、入るとしたら、
最低限に抑えることが重要です。

わが家はどうかと言いますと、入って得するような保険は存在しませんので、
明らかに損だと分かった上で、そんな中でもいいかな?と思う3つの保険に、
学資保険として加入しています。

理由は、私にもしものことがあった場合、ダンナサンが三姉妹の学費を
計画的に準備するのは不可能だと確信しているからです。

お互いにきちんと家計を把握して管理できる能力があるのが一番の保険ですよね。

それが難しいわが家としては、タイプの違う保険3つに加入しています。

スポンサーリンク
レクタングル大

アフラック

1つ目は学資保険の王道、アフラックです。こちらは、全期前納しています。

学資保険のメリットは、親に何かあったときは、以後の保険料を納付しなくても、
大学進学時等に満額の保険金が出ることだと思います。

そのため、全期前納してしまうと、そのメリットは一切なくなってしまうので、
返礼率が一番良いという理由だけで選んだ保険です。

ソニー生命

2つ目はソニー生命の学資保険です。
現在は、私が加入したときと少し内容が違っています。

こちらも返礼率が良かったことと、途中で支払いがきつくなった場合は、
払い済にして貰えることが魅力で加入しました。

例えば、毎月20,000円ずつ18歳まで払うと500万下りる保険でも、
しばらく経ったら支払いがきつくなってくることもありますよね。

そんなときに、10年目で払い済の手続きを取ると、18歳での受け取りは
300万円に減ってしまいますが、それ以降の保険料を払わなくてよくなります。

18年間も毎月保険料を払い続ける自信が無かったため、とりあえず10年払って
300万になるなら、ということで加入しました。払い済の手続きはいつでも出来るので、
余裕があればその後も払って、老後の資金にしても良いかなと思っています。

三井住友海上あいおい生命

そして、3つ目はあいおい生命の低解約返戻金型定期保険です。
これは学資保険ではないんですが、学資保険として利用する人も多いようです。

保険料の払込期間は10年の100歳までの定期保険で、現在は私が契約した当時と
は内容が違います。

これも払込期間が10年だったことと、学資保険のように子どもが18歳になったら、
自動的に保険金が振り込まれるのではなく、自分が解約したいタイミングで保険
金を受け取れるところがいいなと思い、加入しました。

子どもが大学生になった時点の家計状況なんて想像もできないですよね。
であれば、一つくらいはお金の入ってくるタイミングを自分で選べると助かります。

もし、余裕があってそのまま解約せずに老後まで寝かせておけば、年々増えてくれるので、
老後の資金としてアテにしたいと思っています。

ただし、学資保険ではないため、私が早い段階で死んでしまうと、死亡保険金として
その時点で入金されてしまうので、学資として使ってもらえるか不安はあります。

10年で学資を貯める

ということで、わが家の学資保険は10年で払い終われる予定です。後6年半。
小学校高学年くらいから、教育費がかかってくると予想して、その前に学資保険は
払い終わってしまおうという作戦(ソニー生命だけは払い続けるかも)。

ちょうどその年に住宅ローン控除が終わるので、今払っている保険料分は
繰上返済に上乗せしていければいいなと思っています。

ちなみに、すべての保険は次女に掛けています。理由は、次女が生まれるときに
たまたま検討したからなんですが、次女が大学生の4年間はわが家に大学生が
2名いるのでちょうど良かったです。

普通は、それぞれの子どもに学資保険を掛けるのが一般的かと思いますが、
2人分の学費を払い続ける苦しい4年間に、集中してお金を受け取れたら、
精神的に楽ですよね。結局受け取る額も払う額も同じなんですけどね。

これらの学資保険+児童手当貯金で何とか大学の費用は出せるんじゃないかな。

国立に行ってくれればありがたいんですけどね…。自分がしなかったことを
子どもに強いるのも酷なので、自宅から通える私立までは頑張ろうと思っています。

私にもしものことがあったら、この記事をぜひダンナサンに読んで欲しいです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です