水も飲まずに果実だけで7年間生きられるどころか、健康になるらしい。


最近、こちらのYahoo!ニュースで読んで衝撃を受けました。

丸7年間「フルーツしか食べない男」が死ぬ覚悟で自らを実験台にした理由(前編)

丸7年間「フルーツしか食べない男」が死ぬ覚悟で自らを実験台にした理由(後編)
以前からテレビにも出てらっしゃる方のようですが、私は初めて知りました。

このフルーツ伝道師、中野瑞樹さんがなかなかスゴイんです。

フルーツ伝道師・中野瑞樹さん

記事の内容から、簡単にご紹介すると、

京大出身で東大教員をしていた中野さんは、砂漠緑化の研究をされていました。

年々進む砂漠化を止めるには、経済的な効果がないとむずかしいと思い、

「みんながフルーツをたくさん食べるようになれば、果樹をどんどん植える

人が増えて、結果砂漠緑化が進むのでは?」という結論に。

フルーツに関する情報は、巷に氾濫していますが、実際に食べすぎたらどうなるか?

という科学的根拠がなかったため、自身を実験台として「フルーツしか食べない」

生活を始めます。

フルーツと言っても、厳密には、果実なので、ナッツ類やトマト・キュウリ・ナス

などの実も食べているそうです。

また、果物からは塩分を摂取できないため、ぬか漬けにした果実で塩分を

摂取しているそうです。

ただ、水分をまったく取らないというのは、驚きでした。

確かに果物は水分が多いけど、それだけでまかなえるんですね。

で、そんな生活を7年間続けた中野さんの体はどうかというと、至って健康!!

骨密度なんて、平均の3倍っていうから驚きです。

何事も、実体験を語っている人は説得力ありますね。

スポンサーリンク
レクタングル大

中野さんオススメの果物の食べ方

そんな中野さんがオススメしている果物の食べ方は、今までの習慣とは違います。

胃が空っぽの状態で食べる。

他の食べ物が入っていると、せっかく新鮮な状態で食べた果物が、胃に滞留してしまい、

胃酸の影響で酸化してしまうため、何も入っていない状態で、食べることを進めています。

食事の30分前に食べる。

果物の持っている酵素が消化を助けるし、ミネラルなどの吸収も良くなります。

また、食物繊維も豊富なので、調整作用があるそうです。

フルーツといえば、食後のデザートというイメージが一般的ですが、

それだとせっかくのフルーツの効果を無駄にしているんですね。

食べないよりは、食後でも食べたほうがいいのでしょうが、

せっかくいい効果がたくさんあるなら、それもしっかり享受したいですね。

早速わが家も先フルを取り入れてみました。

この記事を読んで、早速わが家も先フルと取り入れてみました。

まずは、朝。

朝食には、大体フルーツを出すようにしていたんですが、

先に食べるようにしました。

本当は30分開けたいところですが、朝にそんな優雅さは1mmもないので、

最初に食べるだけです。

私自身、毎日の朝ごはんは、子どもたちの残したモノを適当に食べていて、

かなり貧相な朝食です。

でも、私が食べないと捨てることになってもったいないし、

だからといって、自分の分を別で作ると、子どもたちが残したときに、

食べすぎてしまうし。3人が少しずつ残す量が、ちょうどいいんですよね。

でも、それだとなんだか、気持ち的に寂しかったので、

今はフルーツだけは自分の分を用意して、食べるようにしています。

フルーツだけ先に食べておいて、出かける前に子供たちの残したモノを

パパッと食べて出かける毎日です。

先フルしてるから、体にいいことしてる気分にもなれて良いですね。

そして、帰宅後。

家に着くなり、「おなか空いた!!」の人たちなので、今までは

我慢してもらうか、軽いおやつを食べさせていました。

それを果物に替えただけですが、子供達の食いつきもいいし、

続けられそうです。

私と次女は果物好きなんですが、長女と三女は、あまり食べてくれません。

食べないなら、食べないでいいや、と思っていましたが、

これだけ果物の効果を知ると、少しずつ食べる機会を増やしていこうと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です