妊娠中&産休中に独学でFP3級、FP2級に合格した勉強法。

Pocket

私は長女の妊娠中&産休中に独学でFPを受験しました。

理由は初めての長期休み(←産休は休みではない!と産後に気づくんですけどね。)
に何か今まで取り組めなかったことにチャレンジしたいと思ったからです。(←こ
れも育児が人生最大のチャレンジだ!という事実に後から気がつきます。)

スポンサーリンク
レクタングル大

FP3級

ということで、妊娠中にFP3級をまず勉強し始めました。

購入したモノ

何から手をつけていいかわからなかったため、評判のよさそうなテキストと
過去問がついている問題集を購入しました。


勉強方法

勉強の仕方としては、効率性を重視していたため、問題集をひたすら解く方法を
採用していました。
問題を解く⇒解答を読む⇒分からないところを調べる。
という流れで、1冊のテキストを4回転しました。
5回転したかったんですが、予定がどんどん押してしまって4回転しか出来ません
でした。

最初の1回転目はしんどいですが、だんだんと問題も解答も覚え始めて楽になり
ます。

FP3級の試験は、言い回しは違えど過去問と同じ論点の問題も多いため、
この方法はとても有効でした。

試験日までの日数で日割りして、大体一日〇ページと目標を決めました。
解いたページには日付を記録してモチベーションをあげるようにしました。

反省点としては、目標を作る際にパツパツなスケジューリングをしたため、
急用ややる気の出ない日などで、スケジュールどおりに行かず、ストレスを
感じたところです。

数日に1日は休みにするか、遅れを取り戻す日を作る大切さを実感しました。

FP3級受験

FP3級の試験自体は、産後すぐに近所で行われたため、初めてダンナサンに預け

外出した記憶があります。

試験中も子どものことは気になるし、乳は張るし、集中できたかというと微妙で
したが、
それまで赤ちゃんとベッタリの日々だったため、とても新鮮な気持ちでリフレッ
シュできました。

3級は家で答え合わせしたところ、たぶん合格しているだろうと思ったので、
気持ちが前向きなうちに2級の勉強を始めました。

FP2級

基本的には3級と同じ方法で勉強しました。
内容が難しくなったため、思うように進まず、途中からはまずテキストを読んで、
内容を理解してから、その部分の問題を解くようにしました。



2級はテキストを買って正解だったと思います。重要なところにはマーカーをつ
けたり、書き込みをしたり、テキストが大活躍しました。

問題集も1回転目にとても時間がかかり、2回転目に入っても分からないところも
多く、途中で気持ちが折れそうになりましたが、赤ちゃんとの生活のリフレッシュ
と考えるようにしました。

子どもが小さいとまとまった時間を取ることが難しいですよね。
そのため、3級のようにスケジューリングしてしまうと、スケジュールどおりで
きず、苦しかったです。

「1日1ページでも1問でも出来ればOK」という気持ちになるまで、とても時間が
掛かりました。
一日1問でも投げやりになって止めてしまうよりよっぽど前進してるんですよね。

子どもが居なかった頃のように、まとまった時間を取ってガッツリ勉強できれば
一番ですが、母親業の合間でやるしかないとなれば、まずは自分の思考を変える
しかないです。

一日1問しかできないことを嘆くより、その1問をしっかり覚えることに集中する
ことが気持ちも前向きになるし、成果も出ると思います。

というわけで、独学で勉強していると不安も出てきますが、私の場合、途中から
は「落ちたところで何か取られるわけじゃないし、時間が掛かっても受かるまで受
ければいいや。」という気持ちでした。

結果合格していましたが、落ちたら受かるまで受けていたと思います。

FPの試験勉強は私達の生活に直結したお金のことで、勉強自体が面白い内容です。
そのときの知識は自分の人生設計に役立っていると思いますし、オススメの試験です。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です