わが家の一大事!!長女の小学校、越境入学させる??


最近発生した、ものすご~く重い悩みは、長女の小学校についてです。

ここ最近ずっと悩み続けていて、悩み過ぎて、何が正解か分からなくなっています。

ことの流れを整理すると、

まず、

長女出産後、仕事復帰した際は、埼玉に住んでいました。

夫婦とも職場と家が離れていたこともあり、

「周りに知り合いのいない環境で、このまま共働き子育ては厳しい…。」となり、

次女産休時に、私の姉の近くに引っ越しました。

職場も近くなり、姉の子供たちとも同じ学区になり、

「これなら姉家族と助け合って、共働き3人育児もなんとか乗り切れそう。」

と安心し、「これで3人産めるわ♪」と思ったことを覚えています。

それから数年が経った今、いよいよ長女の小学校入学が近づき、

地元の小学校の学童の状況を、調べるようになりました。

すると、なんとも、働く母さんに厳しいというか、小1の壁が高すぎるというか。

まず、学童が18時までという、衝撃。

18時までに学童にお迎えに行くには、時短勤務をしなければなりません。

でも、小学校まで時短が使える会社ってまだまだ少ないですよね?

世間的には、「小学生になれば、時短しなくていいでしょ。」

という風潮も感じますが、「小1が18時に一人で帰宅」って心配です。

冬なんて真っ暗だし。

次に、休みの日の学童が9時スタート。

9時スタートって、親は出勤してるのに、子供は学童やってないから、

家で時間つぶして、鍵かけて、お弁当持って出発ってなりますよね。

「夏休みとか、毎日その状況かぁ」と思うと、なかなか凹みます。

せめて、親と一緒に家を出る、くらいの時間から預かって欲しい。

そして、極めつけは、おやつが支給される時間が17時以降という…。

12時の給食から、17時過ぎのおやつまで、何も食べられないって、

子供としてはつらいですよね。

少なくとも私は、毎日のおやつが楽しみで仕方なかった小学生だったから、

それを聞いたときは衝撃でした。

これ以外にも、心配ごとがゴッソリある小1の壁が見えてきたときに、

ふと、知り合いが越境していることを知りました。

しかも、わが家も運良く、その越境の条件を満たしていて、

急に『越境』という未知の世界がやってきたわけです。

ただ、なんとなく『越境』というのは、別世界の話というか、

よっぽどの教育熱心な親御さんだけの選択肢、というイメージがあったため、

あまり真剣に考えていませんでした。

それが、先日、越境先の学校説明会に参加してみたら、とても魅力的で、

親の私でも通いたいと思うような小学校。

先週まで、従姉妹と同じ小学校に行くと言っていた長女も、

「〇〇小学校に行く!」とノリノリです。

しかも、今の学区に進学した場合発生する、上記の問題が一挙に解決されるというので、

一気に『越境』の2文字が現実味を帯びてきました。

越境したら、「地元に友達ができないかも。」とか「小1で電車通学はどうなんだろう?」

という気持ちもあります。

ダンナサンは一切送迎はできないから、私が保育園組を送って、小学校も送ってから出社、

という負担ももちろん発生してきますし。

長女を越境させたら、もれなく三女までの最長10年の送迎が発生するという。

そして、そもそも、姉の子供たちと同じ学区に引っ越してきた意味って…、

という残念感もぬぐえないわけで(同じ学区だから、今の家を買ったようなものなので)。

でも、逆に言えば、長女と二人きりの時間を、毎日の送迎で持てるというのは、

なによりも嬉しいし、自分で送迎する安心感は大きいと思います(心配性なので)。

次女・三女がいると、ほとんど甘えてこない長女ですが、

二人きりだと「抱っこして~」と言って来たり、たくさん話してくれるので、

強制的に二人の時間が作られることは、送迎の大変さよりも重要なのかも。

なかなか、家にいると、家事の片手間でしか、話を聞いてあげられないし、

6年間一緒に通学するのは、とても貴重な体験なのかもしれません。

と、つらつらと今の想いを書きましたが、まだまだ迷っている段階です。

子供の成長とともに、悩みはどんどん出現してきて、まったく尽きないものですね。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です