時短&地球とサイフにやさしいエコ洗剤。在庫管理も不要です。


1年前のわが家には、お風呂洗剤2種類、トイレ洗剤3種類、
雑巾がけ用洗剤?、レンジ周り洗剤2種類、洗濯洗剤2種類、
食器洗い用洗剤、食洗機用洗剤、その他、色々と洗剤がありました。

それぞれ、用途別に使い分け、無くなったら買いに行き、
在庫管理して、という手間に疲れていました。

毎月ホームセンターに買出しに行ってましたが、子連れだと、
買い忘れがあったりして、また翌週行くことになったり。

でも、CMを見ていた頃は、

「トイレはトイレ用洗剤、お風呂は
お風呂用洗剤じゃないとキレイにならないはず。」

という、刷り込みというか、思い込みがあり止められませんでした。

当時から、エコ洗剤の存在は知っていたものの、

「エコ洗剤より、CMしている洗剤の方がキレイになるはず。」

という、これまた思い込み強かったんです。

でも、心のどこかで、

「この洗剤を使って、うちのトイレはキレイになっているけど、
地球はこの洗剤によって汚れてるんじゃないのかな?」

という気持ちもありました。

そこで、在庫が切れたものから、エコ洗剤に切り替え始めました。

エコ洗剤と言っても、一般的なモノしか使っていません。

重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、酸素系漂白剤(これは以前から使用してました。)
なんかを水に溶いて出来上がり。

それぞれ1袋で、結構な量入っている上に、水で溶くから、相当な期間もちます。
だから、お財布にも優しいです。

わが家の日用品費は、50%以上削減されました。

それぞれに、得意な汚れがあって、油汚れは重曹やセスキ炭酸ソーダが得意だし、
トイレの尿や水垢にはクエン酸が効きます。

お風呂用、トイレ用と決まっていると、それさえあれば大丈夫な
気がしてしまいますが、汚れの種類によって、有効な洗剤は違うんですよね。

最近は、汚れにあわせて使い分けたり、あわせワザで使ったりしてます。

「この汚れは?」と迷った時は、まとめサイトを参考にしています。

重曹掃除とクエン酸掃除のエコ掃除

頑固な鍋の汚れ・焦げ付きなんかには、重曹をそのまままぶして、
上からクエン酸水をかけて、しばらく置いてから、こすると、本当にきれいになります。

エコ洗剤で、フライパン(スキャンパン)の焦げつきも簡単にキレイに。
先日、エコ洗剤について書きました。 その具体的な活用例です。 フライパンが焦げついてしまって、キレイにならないときは、 重曹+クエン...

重曹もクエン酸も、水に溶かしてスプレーボトルに入れておけば、すぐに使えて便利です。

わが家の場合は、5%濃度で作っているので、大きめのスプレーボトルに
25gの重曹(又はクエン酸)を入れて、500MLの水を入れています。

それぞれの特性が分かれば、重曹、クエン酸で、お風呂・トイレ・
洗面所・キッチン周り・フローリング他どこでも掃除できるから便利です。

重曹やクエン酸は料理にも使うくらいなので、小さい子が居ても安心だし、
排水で地球が汚れることもありません。

「エコ洗剤より、CMの洗剤の方がキレイになるはず。」

と思い込んでいた私ですが、エコ掃除に変えて、

「汚れが落ちなくなった。」

と思ったことは、今のところ一度もありません。

「洗剤なくなったよ~。」と言われても、すぐに作れるし、買い置きを
気にしたりする必要がなくなったのは、とても助かっています。

食器用の洗剤と、洗濯洗剤はまだ、CMでやってるものを使っていて、
それらも、エコなモノに切り替えていきたいんですが、どうすればいいか、
決めかねています。

何かオススメのモノがあれば、教えてください。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です