長女次女のケンカのつづき。多様性の大切さを伝えたい。


今朝アップしたこちらの記事のつづきです。

女性は大変?産まなくても叩かれ、産んでも働いたら叩かれ、専業でも叩かれ。

長女が「パンが英語の形に見える!」と言い出し、

次女が「パンにしか見えない!」ということで始まった不毛なケンカ。

「英語に見えるでしょ!」「パンでしょ!」と不毛な争いは続きます。

スポンサーリンク
レクタングル大

「みんなちがって、みんないい。」を伝えたい。

全員がパンにしか見えなかったら、社会はどうなるんだろう?

全員が同じ意見の場合

全員が口をそろえて、

「これはパンだね。」

「うん、これはパンだ。間違いない。」

終了。

どんなに話を進めようにも、

次に、食べるとか落とすとか別の何かがないと、

それ以上、話は進みません。

「これは、パンだね。」

「うん、間違いなくパンだよ。」

頑張っても、

「this is bread.」くらい?

話がなんにも広がらない。

いろんな意見がある場合

それが、もし、一人が「英語の形に見えるよね?」って言い出したらどうだろう?

「いや、コレはパンにしか見えない!」と他の全員がその意見を黙殺したら、

結局話は振り出しに戻って、

「これは、パンだね。」
「うん、間違いなくパンだよ。」

で終了。


でも、そこで、

「え?英語に見える?」「どうやって?」
「う~ん。見えないなぁ。」「英語に見るコツは?」
「英語以外にも、見え方あるのかも?」

などなどその違いを楽しむ心があれば、無限に会話は広がります。

会話だけでなく、今まで自分には見えていなかった世界が、

相手の価値観を認めたとたんに見えてくる。

「私はこういう風に見えるけど、あなたはそういう風に見えるのね。」

「私達、違う風に見えてるね。」

それだけで、見え方は違ったままでも、見え方が違うっていうことを、

共感し合える。

「違うんだね。」という共通認識を持てるって大切で。

「私達は分かり合えないということを、分かり合えた。」

ってだけでも十分意味があると思います。

人と自分の違いを見つけて、それを面白がることが出来たら、

きっと世界は広がります。

違いを否定的にとらえるんではなく、違いを楽しむ心の余裕を

子供達に伝えていきたい。

「みんなちがって、みんないい。」

その言葉の意味をきちんと理解して、どこまでそれを子供達に伝えられるか、

それが今の私の課題です。

【関連トラコミュ】

にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ

子育てを楽しもう♪

にほんブログ村テーマ 笑顔になれる子育てへ

笑顔になれる子育て

にほんブログ村テーマ 子育てのつ・ぶ・や・きへ

子育てのつ・ぶ・や・き


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です