女性は大変?産まなくても叩かれ、産んでも働いたら叩かれ、専業でも叩かれ。

Pocket

今朝の出来事

今朝、長女と次女が喧嘩をしていました。

長女はパンの形が英語に見えたそうで、次女に「英語に見えるよ」と教えたところ、

寝起きで機嫌の悪い次女が「英語に見えない。パンに見える!」と言い出し、

「英語に見えるでしょ!」「パン!」という喧嘩を始めました。

スポンサーリンク
レクタングル大

女性は大変!?

話は飛びますが、以前こんな記事を読みました。

「産まない生き方」論争に感じた「違和感」 夫なし、子なし、職なし…アフロ記者が考える「自立」

私自身が漠然と感じていたことが、分かりやすく言葉になっていて響きました。

たぶん多くの人が感じていることだと思いますが、女の人って大変ですよね。

子供産まなかったら、産まないことを攻められ、産んだら急に、

全員同じ「母親像」を押し付けられて。

生後2ヶ月で保育園に預けた私なんて、どれだけ冷たい目線にさらされたことか。

「え?子供産んで少子化対策してるし、産後すぐ働いて税金納めて、

日本の財政支えてるのに、なんでこんなに鬼母扱いなの!?」

なんて気持ちは心の奥底に押し込んで、「0歳で入れないと保育園入れないんですよね~」

とのらりくらりと批判をかわしてきました。

じゃ、専業主婦で子供と24時間居れば批判されないのかというと、

専業主婦は専業主婦で叩かれているのも目にするし。

しまいには、世間が求める母親像に答えて、良いお母さんしてても、

「妻が母親になってしまって・・・」という理由で不倫されちゃうこともあるんだから、

まぁ、女性ってどう生きても、批判されてる気がします。

批判の正体は・・・

で、その批判の正体ってなんなんだろう?と思っていたわけですが、

上記の記事を読んで、「承認欲求」なのか、と腑に落ちました。

自分と違う人を批判することで、自分の承認欲求が満たされる。

うん、なんか分かる!

子供のころに、姉が「絵が上手ね。」と褒められると「私は絵が上手じゃないのか。」

と思った感覚と似てるというか、そういうあんまりステキじゃない感覚って、

人間が持って生まれた感覚なんでしょうね。

男の人は?

日本の男性は生き方が大筋で同じというか。メインロードがあるというか。

多くの男性がそのメインロードをあるいているから、叩くネタが少ない。

そのメインロードに会社員orフリーランスっていう違いはあるから、

そのVS的な叩き合いはたまに目にするけど、大多数の男性は

「直接的にお金を稼ぐ活動」をしていて、違いがない分、叩くネタも少ないんですよね。

女の人は?

それに比べて、女性の生き方って多様性があります。

「直接的にお金を稼いでいる人」、専業主婦のような「間接的にお金を稼いでいる人

(家庭内役割分担をしているだけで専業主婦もお金を稼いでいる)」、子供を産む人、

子供を産まない人。

お金を稼ぐのも、フルタイム、パートタイム、正社員、派遣社員、割と選択肢が多い。

それぞれが色んな選択をするから、「男性の会社員」のような圧倒的大多数には、

なりえないんですよね。マイナーだから、叩かれやすくなるんでしょうか。

承認欲求はどうすれば満たされる?

大人も「みんなちがって、みんないい。」

稲垣さんが言うように、他人を先に認めちゃえば、そんな不毛な叩き合いは、

なくなるのかも知れませんね。

「みんなちがって、みんないい。」

他の生き方が認められたからって、自分の生き方が批判されているわけじゃない。

他人や自分の傷つけているわけじゃなければ、「私はこういう生き方だけど、

そういう生き方もいいよね。」で十分心地良いんですよね。

色んな生き方があって、色んな価値観があって、色んな主張がある。

それで上手くいかないことがあるなら、それは誰かの意見を、自分の意見と

同じに変えさせるんじゃなくて、色んな価値観が共存できる仕組みを作れば、

解決できるんじゃないかな。理想論?

子供への伝えかたの難しさ

冒頭の子供の喧嘩に戻りますが、二人に

「長女は、英語に見えるんだね。」「次女は、パンに見えるんだね。」

「同じモノを見ているのに、それぞれ違うものが見えるって面白いね。」

「違うから面白いね。」

と話しながら、ふと稲垣さんの記事を思い出しました。

「『私はパンに見えるけど、お姉ちゃんは英語に見えるんだ。』って思えたら、

喧嘩にならなかったかもしれないね。」

「『私には英語に見えるけど、妹にはパンにしか見えないんだ。』って思えたら、

違いを楽しめたかもしれないね。」

そう話しつつ、「私自身、本当にそういう考え方ができているのか?」という

疑問が湧いてきました。

自分と違う価値観に対して、無関心とは違う共存の仕方を、生活の中で

伝えていく大切さを改めて感じた出来事でした。

【関連トラコミュ】
にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ
子育てを楽しもう♪
にほんブログ村テーマ 笑顔になれる子育てへ
笑顔になれる子育て
にほんブログ村テーマ 子育てのつ・ぶ・や・きへ
子育てのつ・ぶ・や・き


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です