住宅の賃貸は消費活動、購入は投資活動。性質が違うから比較はできない!?

Pocket

先日、何気なく読んでいた記事に、題名のようなことが書かれていて、
長年しっくり来なかったことが、すっと腑に落ちた感じです。

住宅については、今まで色々な「賃貸VS購入」記事を読んできて、
「結局どっちがいいのか?」ということは、ずっとナゾだったんですが、
性質が違うもの、だと捕らえると、なんだかスッキリしますよね。

賃貸は、「住む」という行為に対する消費だそうです。

それに引き換え、購入というのは一種の不動産投資。
もっというと、損する可能性の高い不動産投資。

消費活動と投資活動はそもそも全然違うものだから、比べる土俵に無いわけで。

賃貸は消費活動である限り、大きく損するということも無いですよね。

反対に購入については、投資活動であれば、大きく損することも逆に儲かることもあります。
なかなか自宅で儲けようと考える人は少ないと思いますし、だからこそ、損してても
あまり気にならないわけで。

親世代が家を購入することがメジャーだったのは、将来的に不動産の価値が
上がることが予想されたし、実際に上がったから結果として「賃貸より購入」が
良かったわけです。

今後は日本の不動産がどのようになるのか不明ですが、あまり明るい未来を描いている
人は少ないのではないかと思います。

だからこそ、そんな時代に家を買うということは、損する可能性の高い投資になり、
損するくらいなら「消費活動の賃貸」のままの方がいいんじゃないか、という話になります。

ただ、投資である以上、売らない限り損が出ないから、住み続けている間は
「買って損した~」と実感することって少なそうですよね。

個人的には、消費活動である賃貸が主流の時代が来たとしても、意外と一戸建ての
賃貸って物件が少ないから、子供達が大きくなって夫婦2人になったら、
賃貸アパートとかに引っ越して、今の家をリフォームして貸し出せるんじゃないか、
と楽観視しています。

実際、わが家も一生賃貸でも良かったんですが、子ども3人いてネコ3匹いたら、
借りられそうな物件はありませんでしたし、意外と需要があるんじゃないかと。

損する可能性の高い不動産投資にするか、一生消費活動に徹するか、
なんだかどちらもあまり乗り気にならない選択肢ですが、そう考えれば、
賃貸と購入をあまり比較してもしょうがないのかな、という気になります。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です